目次

[1]30位〜26位
[2]25位〜21位


夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 高校野球ドットコム人気企画の高校生期待度ランキング。今年も50人の選手をリストアップした。今回は30位ー21位の選手を紹介したい。今回紹介する選手たちもハイレベルな選手が揃っている。

30位〜26位



金田 優太(浦和学院)

30位 金田 優太内野手(浦和学院=埼玉)
 今年のセンバツでも大当たりを見せた遊撃手。強肩が光る遊撃守備に加え、ドラフト候補レベルの投手が投げ込む変化球にも難なく対応ができるバットコントロールもある。全く駄目な日がほとんどないというぐらい頼りがいのある選手。

29位 宮城 誇南投手(浦和学院=埼玉)
 左腕の好投手が多いこの世代で、安定感は一番。センバツでの快投が評価を高めた。アウトローにしっかりと投げられる制球力の高さは一級品。宮城より速い左腕は増えているが、結局一番勝つ投球ができそうな投手だ。

28位 田中 多聞外野手(呉港=広島)
 この夏にかけて急浮上した大型スラッガー。183センチ、83キロと恵まれた体格の左投げ大型外野手。本塁打も大きく伸ばしているということもあり、急激に評価を高めている。身体能力も高く、夏次第では一気に評価を高め、本指名の可能性もある。



坪井 蒼汰(山村学園)

27位 坪井 蒼汰内野手(山村学園=埼玉)
 今年の春季関東大会、市立船橋戦で2本塁打を放ち、一気に話題となった強打の三塁手。ファーストストライクから積極的に振っていく打撃姿勢が評価され、確実にコンタクトできる打撃技術の高さも見逃せない。三塁守備も鍛えられており、強肩が光る。関東大会から高卒プロに行きたいと話していた坪井。最後の夏も別格の活躍を見せることができるか。

26位 茨木 秀俊投手(帝京長岡=新潟)
 夏になると、最速140キロ後半の速球を投げる右投手が多くなる中、現時点では最速145キロだが、完成度の高い投球フォームを身に付けており、将来性の高さを高く評価するスカウトも多い。果たして夏にインパクトある投球を見せられるか。