目次

[1]50位〜45位
[2]44位〜41位


夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 高校野球ドットコム人気企画の高校生期待度ランキング。今年も50人の選手をリストアップした。潜在能力の高い選手が多く、トップ50人でも激戦。やはり夏を前にすると高校3年生たちの成長度が増すのが分かる。まずは50位−41位から紹介をしていきたい。

50位〜45位



伊藤 千浩(東北)

50位 片野 優羽捕手(市立船橋=千葉)
プロ注目の大型捕手。調子が上がれば、複数ホームランが飛び出すことも珍しくない。春はメカニズムの狂いがあり、芯だけではなく、タイミング、体の使い方ともにガチッと嵌った打球が少なかった。抜群の強肩を持つだけに、攻守ともに躍動できれば一気に評価が上がる可能性はある。

49位 宮原 明弥投手(海星=長崎)
最速146キロを誇る長崎を代表する速球派右腕。投球内容は申し分なく、この大会でどれだけ評価を高めることができるか。

48位 伊藤 千浩外野手(東北=宮城)
今年の春季東北大会では、打者としては打率4割、投手として15.1回を投げて、18奪三振と投打で躍動した。将来性は完全に野手。188センチの大型選手でありながら、膝の使い方がうまく、低めの球にも対応できる。コンタクト力が高く、夏に豪快さと堅実さを兼備した打撃ができれば、評価は大きく上がる。特に強豪相手に良さを発揮したい。

47位 バルザー・ブライアン投手(常総学院=茨城)
150キロを超える速球派右腕。春は登板機会はなかったが、大会後の練習試合では登板機会も増え、150キロ前後の速球を投げ、スカウトから注目されている。目標のプロ入りには、やはり夏の公式戦でのアピールが重要となるだろう。



鈴木 蓮(滋賀学園)

46位 鈴木 蓮内野手(滋賀学園=滋賀)
昨秋の近畿大会からパワフルな打撃に、リストの強さを生かしたスローイングが魅力の大型遊撃手として活躍。攻守ともにバランスが取れた逸材で、夏で評価を高めることができるか。

45位 斎藤 響介投手(盛岡中央=岩手)
細身の体型から140キロ後半をマークする速球派右腕。伸びのある快速球で多くの三振を奪える。春季大会では能力の高さの割に失点が多かった点をいかに解消できるか。