毎年、スター選手の活躍で盛り上がるセンバツ甲子園。今回は2018年のセンバツを振り返り、ドラフト候補となった選手を紹介していきたい。

 この年は大阪桐蔭が2年連続のセンバツ優勝を果たした。根尾 昂内野手(中日)、藤原 恭大外野手(ロッテ)、柿木 蓮投手(日本ハム)、横川 凱投手(巨人)と4人がプロ入りしたが、他の高校でも多くの選手がプロ入りしている。


 近江から西濃運輸に進んだ林 優樹投手は、この大会から計3回の甲子園出場を果たした。

 高校時代は技巧派という印象だったが、社会人入り後、コンスタントに140キロを計測するようになり、力で押せる投球ができるようになった。3年目の今年は、スポニチ大会にも出場する。今季はどんな投球を見せることができるか注目だ。

 東海大・斎藤 礼二投手(東海大相模出身)もドラフト候補へ成長している。
 3年生となった昨春のリーグ戦では開幕投手を務め、勝ち投手となった。140キロ後半の速球で圧倒する投球は、高校時代より大きくパワーアップしている。

 同じく神奈川の生井 惇己投手(慶應義塾出身)は慶應義塾大へ進学し、140キロ後半の速球を投げ込むパワーピッチャーへ成長している。

 甲子園でも快投を見せた左腕・増居 翔太投手(彦根東出身)は慶応義塾大の先発左腕として活躍を見せており、ドラフト候補へ成長を見せている。

 静岡高校の村松 開人内野手も18年センバツに出場した好ショートだ。明治大に進学し、3年春には二塁手部門でベストナインを獲得するなど、評価は高い。

 また、東海大相模のスラッガー・森下 翔太外野手も中央大へ進学。体重も大きく増え、順調に長打力を伸ばしている。

 最後は大阪桐蔭勢。
 主将だった中川 卓也内野手は早稲田大でも主将に就任。昨秋はベストナインを獲得。今年は二塁手にも挑戦し、昨年12月の練習でも二塁のポジションで、捕球練習を繰り返し行っていた。

 二塁手は一番難しいポジションと語りながらも、中川の動きは器用で、高校時代から視野の広さを感じさせるプレーを見せていた。二塁手をしっかりと守れるところをアピールすれば、評価は上がりそうだ。

 打撃練習でもミート力の高さを発揮し、次々と鋭い打球を飛ばしていた。ミスショットが少なく、同じく早稲田大のドラフト候補として注目されている蛭間 拓哉外野手(浦和学院出身)も中川のミート力の高さを評価していた。

 立教大の主将に就任した山田 健太内野手は東京六大学通算62安打をマークした大型スラッガーだ。打撃成績も高く、守備力も高い。今季は他のライバル野手を圧倒する打撃成績を残すことができるか注目したい。

 正捕手だった小泉 航平選手もNTT西日本へ進み、少しずつ出場機会を増やしている。
 この1年は、公式戦でスタメンマスクをどれだけ被り、成績を残すことができるか注目していきたい。

 青地 斗舞外野手は同志社大へ進み、昨秋のリーグ戦では25打数13安打、打率.520、2打点、2盗塁の活躍で、首位打者を獲得。打率.520は現在の関西学生リーグの枠組みになってから新記録となった。左の好打者タイプだが、この1年も圧倒的な成績を残し、アピールをしていきたい。

 この1年、ドラフトイヤーとなった選手たちがどこまでアピールできるか楽しみだ。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。