2022年がスタートした。2021年度は投手大豊作の1年だったが、今年は野手が目立つ1年となっている。今年も年初めに、活躍が期待される選手をランキング形式で紹介していく。今回は30位から21位までを一挙に紹介したい。

2022年ドラフト期待度ランキング【大学生】
■20位ー11位
東都、東京六大学、各地方リーグを代表するスラッガー、スピードスター、怪腕を選出
■10位ー1位
激戦区のドラフト上位候補から1位を勝ち取ったのは?

2022年ドラフト期待度ランキング【高校生】
■30位ー21位
190センチのサブマリン、全国レベルの大型捕手などを選出!
■20位ー1位
2022年は打者優位の1年!?大型スラッガー、大型投手、好左腕など...

30位〜21位



北村(桐生第一)、辻田(クラーク国際)、求(東海大相模)、盛島(興南)、宮城(浦和学院)

30位 松平 快聖投手(市原中央
191センチの長身で、アンダースローという希少価値が高い逸材。投げ方はかなり様になっており、なんと高校生アンダーとしては異例の130キロ前後の球を投げ込む。スライダー、カーブ、シンカーを操り、好調時はどうやって打つのか?と思わせるほど。

29位 宮城 誇南投手(浦和学院
1年秋から登板を重ねる県内屈指の左腕。投球の上手さが目立っていたが、昨秋では常時130キロ後半〜140キロの速球を連発し、力強さが増した。目標としている浦和学院の先輩、小島 和哉投手(ロッテ)の高校時代の力量に間違いなく近づいている。

28位 高橋 友内野手(高知
明治神宮大会に登場した大型サード。中学時代は投手を務めたこともあり、強肩で、さらに動きも機敏。打撃スイングを見ても非常に柔軟で、広角に打ち分ける打撃技術は魅力的だ。

27位 内海 優太外野手(広陵
明治神宮大会で通算300号を放った大型の左スラッガー。広陵の選手らしいインパクトまで最短距離で振り抜くスイングで、長打を量産。投手を務めるだけあって、強肩もあり、攻守ともに魅力的な選手。高卒プロか、強豪大学のどちらでも狙える逸材だ。

26位 北村 流音投手(桐生第一
北関東を代表する速球投手。関東大会ではあまり調子が上がらない中、常時130キロ後半〜143キロをマーク。120キロ後半のスライダーのキレもよく、投手としてのスキルの高さは、トップレベルだ。

25位 求 航太郎投手(東海大相模
今年の東海大相模の投打で主軸を担う二刀流。180センチながら、常時130キロ後半〜142キロの速球、120キロ後半の縦系の変化球を投げ分けるパワーピッチに加え、打者としても打球速度の速さは圧巻。投手としてどこまでレベルアップできるか注目が集まる。

24位 辻田 旭輝投手(クラーク記念国際
全道大会後に最速148キロを記録した本格派右腕で、明治神宮大会でもコンスタントに140キロ中盤の速球を投げ込んでおり、鋭く落ちるフォークの精度が高い。神宮の舞台で、全国トップレベルの九州国際大付(福岡)打線と対戦した経験をどう活かすか注目される。

23位 内藤 鵬内野手(日本航空石川
秋の県大会前まで高校通算32本塁打。3年夏までに、今年の高校生打者の中では最も本塁打を打つ予感がするスラッガーだ。パワーだけではなく、癖のない構え、スイング軌道を見ても対応力の高さを感じさせる。

22位 盛島 稜大捕手(興南
九州では九州国際大付(福岡)の野田 海人捕手(2年)に並ぶ強打強肩の捕手。185センチ、92キロと高校生としては規格外の体型から自慢のフルスイングで打球を飛ばす。スローイングタイムは1.9秒台だが、二塁まで失速せず伸びていく送球は魅力的だ。

21位 片野 優羽捕手(市立船橋
昨秋の県大会で3本塁打を放った大型捕手。大型でありながら、滑らかなレベルスイングで速球、変化球にも対応できる技術の高さがあり、スローイングタイム1.8秒台の強肩も秘める。好捕手が多いこの世代においてもトップレベルのスキルを持っている。

 こちらの記事では30~21位までの10人を紹介した。残りの20位から1位の期待度ランキングの選手紹介は、「2022年は打者優位の1年!?大型スラッガー、大型投手、好左腕など20名!1位に輝いた逸材は?【期待度ランキング】」にまとめた。そちらもチェックしてはどうだろうか。

(記事=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。