関連記事はこちらから!
二刀流・矢澤宏太(日体大)など来年のドラフト候補として注目される好投手が松山の地で躍動!
山田、中川、蛭間などスターずらり!大学JAPAN候補合宿でアピールに成功した野手は?

 2021年12月3日(金)~5日(日)に愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われた「侍ジャパン大学代表候補合宿」。2022年7月に参加が予定されている「ハーレムベースボールウィーク」(オランダ)メンバー入りへ向けて44選手が自らの長所をアピールした。

 残念ながら一般非公開で行われた彼らのうち、どの選手が光を放ったのか?2022年大卒ドラフトの目玉である「二刀流」、日本体育大・矢澤 宏太投手兼外野手(3年=町田リトルシニア~藤嶺藤沢)を筆頭に合宿レポートで触れた選手の他にも好選手が数多くいた。

 今回は一昨年の東京五輪金メダリスト右腕の日本ハム・伊藤 大海投手(駒大苫小牧出身)ら、侍ジャパン大学代表候補合宿からプロに羽ばたいた選手たちも取材しているライター寺下友徳が2名をピックアップ。前編で取り上げた近大工学部3年の強肩捕手・石伊 雄太(いしい・ゆうた)に続き、後編では立教大の俊足外野手・道原 慧(みちはら・さとる)を紹介する。

ドラフト指名の好条件「スピードスター」の資質を備えた男



道原慧(立教大3年・外野手)

 一昨年の松山・坊っちゃんスタジアム合宿。初日恒例の50m走計測(手動計測)では中央大・五十幡 亮汰外野手(現日本ハム)と、獨協大・並木 秀尊外野手(現ヤクルト)がそろって5秒台前半をマーク。ハーレムベースボールウィークの中止に伴い、侍ジャパン大学代表入りは幻に終わったものの、この俊足は翌年のドラフト指名を果たす上での大きなアピールポイントになった。

 今回の合宿でも50m走が注目を集めるのは必然。加えてタイム測定の計測方法も手動から光電管に進化したことで、より精度の高いタイム算出が期待された。

 結果、タイムトップはやはり5秒80のドラフト1位候補・日本体育大の矢澤 宏太。そして矢澤にわずかに及ばない5秒81をマークしたのが立教大の道原 慧外野手だった。

 いきなりインパクトを残した道原の躍動は紅白戦でも続いた。初打席のライト線二塁打で7秒34の快速を誇示すると、第二打席は四球で出塁後に二盗に成功。さらにシートノックでも正確な送球を披露。この活躍に某球団スカウトも「印象に残った選手の1人」として道原の名を挙げた。

 駒大苫小牧3年春はセンバツ出場も試合前ノックで負傷し、実際のプレーは叶わず夏もベンチ外。立教大入学後にセレクションを受けて野球部入部後も下級生で努力を重ね、3年春にレギュラーをつかんだ。その努力の過程を見れば、172センチ、74キロの体格ハンディはきっと補えるはずだ。

 並木は170センチ70キロ、五十幡も171センチ67キロと、道原と同じようなサイズでプロまで駆け上がったことも鑑みれば、2022年春の成績次第で2022年8月27日(土)に坊っちゃんスタジアムで開催が予定されている「東京六大学オールスターゲーム」での侍ジャパン大学代表としての帰還、さらに「セントポールのスピードスター・大卒プロ入り」のチャンスは十二分にあると言えるだろう。

(記事:寺下 友徳

<プロフィール>
道原慧(みちはら・さとる)立教大3年・外野手
172センチ74キロ 右投左打 パラタイン・バイパーズ(アメリカ・イリノイ州)~駒大苫小牧(北海道)