二刀流・矢澤、全国クラスの強打の捕手など地方リーグにも逸材がずらり



矢澤宏太(日体大)

 なんと言っても注目なのが日体大の矢澤 宏太。今秋のリーグ戦では、5試合を投げて3完封。さらに、打者としても4番を打ち、二刀流として注目を浴びている。ここまでキャラが立った選手はいないだけにラストイヤーでの活躍が楽しみだ。創価高時代から注目を浴びた左の強打者・浪川 広之(城西国際大)も進化が楽しみだ。

 大阪商業大の左のエース・伊原 陵人は春のリーグ戦で、防御率0.28、秋のリーグ戦でも防御率1.80と圧巻のパフォーマンスを残している。出どころが見にくいフォームから投げ込む140キロ前半のストレートは、社会人の打者でも打ち崩しにくいと評判だ。150キロ右腕・才木 海翔北海道栄出身)は伸びやかなフォームから繰り出すストレートの回転数が高く、来年以降、多くの球団から視察を受けることになりそうだ。

 全日本大学選手権準優勝の福井工業大の立石 健大体大浪商時代から評判だった好投手。140キロ後半の速球、切れの良い変化球で勝負する本格派右腕だ。

 また、この春の全日本大学選手権出場に大きく貢献した桐蔭横浜大・吉田 賢吾は堅実なスローイングと勝負強い打撃が魅力。この秋も本塁打を量産しており、来年の大学生を代表する捕手となりそうだ。

 名城大の野口 泰司は、高校時代から注目を浴びてきた強打の捕手。愛知大学リーグ、全日本大学選手権でも活躍を見せた強打の捕手で、評価も非常に高い。

 また九州産業大では、最速151キロ右腕の渡辺 翔太投手、同じく140キロ後半の速球を投げ込む荒木 雅玖投手も来年のドラフト候補として注目を浴びる存在だ。大学選手権で好投を見せた名城大・仲地礼亜も140キロ後半の速球は伸びがあり、全国クラスの好投手だ。

(記事=河嶋 宗一