今年のドラフトでは育成選手をのぞく77人が12球団から指名を受けた。これから、それぞれの球団との交渉する段階へと入っていくが、今年の指名選手の出身地はどんなトレンドがあるのか、調べてみた。

 1位 6人=千葉、東京、愛知
 4位 5人=大阪、兵庫
 6位 3人=埼玉、京都、奈良、広島、福岡
 11位 2人=宮城、栃木、神奈川、石川、和歌山、岡山、香川、鹿児島
 19位 1人=北海道、青森、秋田、福島、群馬、山梨、富山、静岡、岐阜、三重、
鳥取、山口、愛媛、高知、長崎、大分、宮崎、沖縄
    0人=岩手、山形、茨城、新潟、福井、長野、滋賀、島根、徳島、熊本、佐賀

 関東の東京と千葉、関西の大阪、兵庫は、人口の割合などをみると、上位ランクは毎年常連のようだが、そこに愛知が入っているのは今年の特徴かもしれない。私学4強の享栄中京大中京愛工大名電が4年前に卒業した大学生も含めると、素材の高い選手が近年出てきている傾向もある。

 地区別ではどうか。

 関東=21人
 近畿=18人
 東海=9人
 九州=9人
 中国=7人
 東北=5人
 四国=4人
 北信越=3人
 北海道=1人

 最近の流れからすると東北勢が少なかった印象がある。エンゼルスの大谷 翔平の出身、岩手からは今年は指名選手は出てこなかった。