いよいよ高校生期待度ランキングもベスト10となった。この10人はプロ野球でも主力級の活躍が期待できる器を持った選手たちだ。


10位〜6位



田村俊介(愛工大名電)、木村大成(北海)、竹山日向(享栄)、達孝太(天理)、前川右京(智辯学園)

10位 前川 右京智辯学園
高校生離れした体格、打球速度、飛距離。奈良大会、甲子園を振り返るとポイントが前で、遠くへ運ぶイメージはなく、中距離打者としての位置づけ。プロ入り後は長距離打者になれる可能性を持った選手。アプローチが柔軟なので、本塁打を打てて、打率を残せる打者になれる可能性が高い。

圧倒的な打球速度、コンタクト力、キャラクター性抜群のスラッガー

9位 田村 俊介愛工大名電
明徳義塾中時代から注目を浴びてきた二刀流。今回、特に推したいのは打撃の方だ。ボールのラインに対して合わせるスイング軌道で広角に安打を量産。好投手から本塁打、長打を打つなど、対応力はトップクラス。投手、一塁、外野だけではなく、三塁もこなす野球センスの高さがあり、野球選手としてはこれ以上ない能力を持っている。どんどん前向きに自分をアピールできる勝負強さもある。

卓抜とした打撃技術、実戦派左腕、サードもこなす野球センスの高さ

8位 木村 大成北海
最後の夏にかけてしっかりと右肩上がりの成長を示した速球派左腕。甲子園初戦では常時140キロ台のストレート、鋭く曲がるスライダー、またチェンジアップでも空振りを奪うことができる。ストレートの強さ、スライダーの切れ味、フォームのしなやかさ。木村を上回る高校生左腕はいなかったため、実質、高校生NO.1左腕は木村といっていいだろう。

平均球速140キロ超えの速球と切れ味抜群のスライダーで圧倒

7位 達 孝太天理
滑らかな体重移動から140キロ後半の速球、フォーク、スライダーで圧倒する本格派右腕。変化球の精度も高く、数年後には世代ナンバーワンの投手になる可能性も十分にある。最後の夏は5割ほどの実力だったと思う。もっとできてもおかしくない投手。是非プロでは凄いと思わせる投球を期待したい。

探究心豊かな大型右腕 将来は世代ナンバーワンになる可能性も

6位 竹山 日向享栄
最後の夏にかけて成長度は、ピカイチだったのではないかと思わせる投手。なんといっても高回転の150キロ前後のストレートは空振りが奪え、ブレーキが効いたカーブ、スライダーも良い。夏前に怪我があったが、もともとトレーニングに対する意識は高く、もっと化けてもおかしくない投手。いずれどのポジションでも飛躍してもおかしくないが、すぐに出来て一軍で結果を残すというよりも、地道に技術を磨いて、飛び級のような活躍を見せる投手ではないか。3、4年後に一軍で、この順位にふさわしい結果を残すことを期待したい。

高回転の150キロのストレートは世代トップクラス