毎年、恒例の期待度ランキング。ドラフト前も予定通り開催が決定!今回はプロ志望届提出者159名からランキング付けを行った。今回は40位から31位までの選手を紹介。今回も全国レベルの選手を紹介している。

40位〜31位


40位 羽田 慎之介八王子
191センチの長身から最速149キロの速球、スライダー、チェンジアップ、フォークを操る。速球、変化球を同時に投げられて、元気に投球できた姿を確認できたのは、練習試合を視察したスカウトはごくわずかではないか。千葉学芸との練習試合では多数のスカウトを詰めかけて熱心にビデオを回したことを覚えている。ここまで書いてしまうと、期待度的に上位と思うかもしれないが、やはり夏の公式戦登板0は評価不能である。評価不能でもこのランキングに入れるほどの潜在能力は高い投手ということでリストアップした。

39位 永島田 輝斗立花学園
最速150キロを誇る速球派右腕。荒削りであるが、短いイニングで投げた時の速球、高速フォークは打ち崩せない。この3年間はしっかりと球威を伸ばすことができたので、次のステージではどんな場面でも自分のボールを投げられる調整力、コマンド力を磨くことが問われる。

38位 大津 綾也北海
スローイングタイム1.83秒を誇る強肩捕手。木村の快投は大津抜きではありえなかったと思わせるほど守備力を誇る。夏にかけて打撃面も成長してきた。

37位 米山 航平市立尼崎
佐藤輝明二世と称される大型スラッガー。馬力の大きい体型を活かし、鋭いスイングを見せ、次々とスタンドインをさせていく。今年の高校生打者では数少ない「振れる」打者。

36位 花田 侑樹広島新庄
広島大会では不調だったが、夏の甲子園の横浜戦で、7回途中まで無失点の高等を見せた。140キロ前半の速球、カーブ、スライダーを巧みに操り、完成度の高い投球を披露した。フォームのバランスもよく、まだまだ伸びていく予感をさせる。

35位 京本 眞明豊
長身から繰り出す140キロ前半の速球、カーブ、スライダー、フォーク系の変化球を操り、大分大会の決勝戦で完封勝利を挙げた。フォームのバランスが良く、カーブをしっかりと使えるのが強み。3年後には、常時140キロ後半を投げてもおかしくない。

34位 黒田 将矢八戸工大一
2年夏から140キロ後半の速球を投げる好投手として注目を浴びていた本格派右腕。躍動感あふれる投球フォームから繰り出す角度のある直球は見応えがある。

33位 東出 直也小松大谷
スローイングタイム1.8秒台を誇るスローイングはひと目で凄いと思わせる。甲子園でも猛打賞を記録し、球足が速い打球を放つ。

32位 中川 勇斗京都国際
甲子園4強入りに大きく貢献した好捕手。スローイング、インサイドワーク、キャッチングどれにおいても一級品。また、打撃でも秋山正雲(二松学舎大附)から本塁打を放ち、パンチ力ある打撃も魅力的だ。

31位 髙木 翔斗県立岐阜商
今年の岐阜大会で3本塁打を放つなど、着実に進化を見せてきた超高校級捕手。内角球への対応をさらに磨ければ、もっと打てる捕手になれる予感がある。

(記事=河嶋 宗一