プロ志望届提出者でどうしても多くなるのが右投手だ。今年の提出者の中にも好投手が非常に多い。そんな顔ぶれをまとめていきたい。

旭川実の田中、横浜創学館の山岸など未出場組から逸材がズラリ


 田中 楓基旭川実)も、もう少し注目を浴びていた逸材だろう。投球フォームを見ると足上げ、ステップの粘り強さ、腕の振りの力強さとバランスがよい。145キロ前後の速球、曲がりが鋭いスライダーで翻弄する投球は世代トップクラス。甲子園に出場出来なかったのが惜しい投手だ。前川 佳央札幌日大)は、バランスが取れた右の好投手。140キロ前後の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分けてゲームメイクしている。

 八戸西福島 蓮も189センチの長身からゲームメイクがじつに上手い好投手。そして140キロ後半の速球を投げ込む黒田 将矢八戸工大一)、140キロ後半の速球を投げ込む横山 永遠八戸学院光星)と好投手が揃う。

 滝口 琉偉日大山形)は甲子園でも活躍を見せた速球派右腕。甲子園で最速150キロをマーク。打者がストレートとわかっていても押し切れる威力のある速球は魅力的だ。篠原 正紀関東学園大附)は好調時で140キロ中盤の速球で押す投球ができる。中沢 匠磨白鷗大足利)も昨秋、怪我で苦しんでいたが、春の県大会では全力投球で140キロ前後の速球を投げ込んでおり、復活の兆しが見えた。

 堀越 啓太花咲徳栄)は、140キロ中盤の速球、切れのあるスライダーで勝負する速球派右腕。今年の花咲徳栄で最も速いボールを投げられる逸材だ。

 威力のある130キロ後半の速球を投げ込む瀧本 将生市立松戸)も期待の好右腕だ。永島田 輝斗立花学園)は最速150キロの速球、130キロ近いフォークは魅力的。短いイニングで見せるパワーピッチングは超高校級のものがある。

 神奈川大会決勝の山岸 翠横浜創学館)は最速149キロの速球、スライダー、シンカーを投げ分ける右サイドハンド。最速146キロをマークした5回戦の相模原弥栄戦ではストレート計測58球のうち、42球が140キロ超え。平均球速140.56キロをマーク。計測が厳しい手元のスピードガンで、この数字なので、やや甘く出る球場では最速140キロ後半・平均球速140キロ中盤は出ていてもおかしくないほど。ボールの威力そのものは、同タイプの深沢 鳳介専大松戸)を上回るものがある。決勝戦まで導くほどの投球術の上手さがある。

 多くの人々から注目を浴びた準々決勝以降から、やや球威が落ちていたのが残念。相模原弥栄戦の投球が多くの人に視聴される環境だったら、もっと騒がれていい逸材。それぐらい魅力的な投手だ。

 川嵜 陽仁)は、最速146キロの速球を投げ込む右の本格派右腕だ。上菊田 翔友(享栄)も怪我で苦しんだが、夏の大会が終わってからしっかりと怪我を直し、投球練習では140キロ台の速球をビシバシと投げ込んでいる。どのステージでも活躍できる投手だろう。185センチ98キロの町健大(白山)は最速146キロの直球、3種類の変化球で圧倒する大型右腕。また高校通算14本塁打の長打力も見逃せない。