10月11日のドラフト会議が迫ってきた。ドラフト会議の解説でお馴染みのスポーツライター・小関順二さんをお招きし、今年の高校生や、各球団の補強ポイント、おすすめの1位候補を語ってもらった。

 第5回は野手。盛岡大附金子 京介外野手、千葉学芸有薗 直輝内野手、智辯学園前川 右京など目についたスラッガーについて語った。


――打者の方では、どの選手がいいでしょうか

小関:私の中では盛岡大附の金子が圧倒的にNO・1。大学進学と聞いてがっかりしている。あのスケールの打者で、ステップの出し方とか投手とタイミングをしっかり取ろうとしている。直球とかカーブとか見当つけてどんどん打っていくんじゃなくて、どんな球が来ても対応する打ち方、基本的な動作が出来上がっている。ゆっくり出しながら、全体の動きが小さくて、当たってからが大きい。理想的な打ち方をしている。昌平の吉野も評判になっているが、力みがすごくて、注目度が高いんでそれに応えようとしている。前半で100%力んでいる。金子は7割くらいでインパクトまでいく。

 投手の部分でも小関氏は強調していたが、ステップの出し方を非常に重要視する。右打者でいえば、投手方向に踏み出す左足の出し方が問題。バンと踏み出せば、当然変化球の対応が難しい。その理想的なステップを活かすためにもコンパクトなテークバックが大事。その点を小関氏は高く評価している。高校生として基本がしっかりしている。力任せのスイングでは、プロのレベルでは対応できないだろう。さらに小関氏は、岩手大会の打撃を見て「ほれ込んだ」という。

小関:岩手での5試合連続ホームランを見たが、これで行くのかって感じでした。ヘッドが速くでる。力みがないからすっと出る。連続ホームランを打っているという知識がなかったんで、ちょっと気持ちを持っていかれました。甲子園では思うように打てなかったが、良さは変わらなかった。

――有薗選手(千葉学芸)もいいと思いますが

小関:有薗いいですね。プロ志望届を出してるなかでは彼が一番。肩がものすごい。あんな強い肩の三塁手はいない。青山学院大の1年生佐々木は肩強かったが、あんまりいない。有薗に関してはちょっと思い浮かばないくらい肩が強い。三塁線の球をとって、体が逆方向になっていながら、一塁へノーバウンドのすごい高めの送球していた。これはすごいと思って。スカウトの評価も高かった。打撃も荒っぽくて長打力はありますね。

 高校通算70発右打者として評価を集めている千葉学芸の有薗については、打撃ではなく「強肩」に目を奪われている。メジャー選手のように、取ってからの送球に、前代未聞の三塁手として評価をしているようだ。荒々しい打撃はもちろんだが、フィジカル面でも超高校級のようだ。

――智辯学園の前川選手は甲子園でも本塁打を放ちました

小関:バットを寝かし気味にして、レベルスイングで線でとらえる打撃ですね。MLB後半、円熟期のイチローに似てる。意識がそこにいってたのかな。でも、あんまり線で捕えようとしずぎると、バットの振りよりも合わせることに意識が強くなるので、もっと強く振っていく方が魅力は出る。

 小関氏は前川に対して、物足りなさを感じている。もっと大きくなる可能性を秘めている打者なのに、いわばこじんまりとしてしまっている印象を受けている。有名選手の円熟期のような「上手さ」はあるが、もっと若々しさを欲しいと注文した。それも、最近の風潮に少し疑問を抱いていることを語る。

小関:最近はフライ革命とか言われ、バットが下から出す選手が多いと思う。実はエンゼルスの大谷も、ちゃんと上からバットがでて最後に上がっていく。私は理想的な打撃だと思っている。最初から下からしゃくり上げたりしているのはどうかなと思う。野茂のトルネード、イチローの振り子とか、高校生はすぐ真似したがるが、そんな風潮に染まってほしくない。へたくそな打者が増えるのが怖い。前川はレベルだが、もっと縦にするどく出してほしい。合わせようとする意識が強すぎるんです。当てたい気持ちがあるんでしょうが、線でとらえるのはあまり好きじゃない。強くとらえる、1点でとらえる方が、大きく伸びると思います。

 前川だけではない。間違った理解で技術を磨いていかないように警告を発した。プロのレベルだからできることがあることがある。高校生のレベルなら、もっと大事なことがある。アマチュア野球に精通している小関氏だからこそ、「下手な打者が増えるのが怖い」という状況は避けたいのだ。

(記事:編集部)