東都大学野球春季一部リーグは國學院大が初優勝を収めた。その中でMVPを獲得したのが山本ダンテ武蔵(4年・大阪桐蔭出身)だ。

 ダンテはシーズン開幕から大活躍。最終節を迎えるまでの成績は
 10試合 打率.395 4本塁打 14打点

 いずれも1位。東都大学野球リーグで三冠王は1回のみ。現在、千葉ロッテの井口 資仁監督が青山学院大学時代が樹立していた。
 当時の成績 打率.348 6本塁打16打点

 各項目の3位以内は以下となっている。
【打率】
1位 山本ダンテ武蔵大阪桐蔭-國學院大).395
2位 古賀 悠斗福岡大大濠-中央大).382
3位 佐々木 泰県立岐阜商-青学大).371

【打点】
1位   山本ダンテ武蔵(國學院大) 14打点
2位   福永 奨横浜-國學院大)  12打点
3位タイ 桂川 弘貴(桐光学園-立正大)    9打点
3位タイ 右田 稜真二松学舎大附-亜細亜大)  9打点

【本塁打】
1位タイ 山本ダンテ武蔵(國學院大) 4本塁打
1位タイ 佐々木 泰(青学大)  4本塁打
3位   古賀 悠斗(中央大)   3本塁打

 さらに本塁打と打点を争っているのが、中央大の正捕手・古賀だ。

 そして中央大と國學大は優勝を争う同士で、第6週を終えての成績がともに8勝2敗。この両校が直接対決で優勝を争っている。

 この週で優勝が決まるには、
中央大、國學院大の優勝条件
連勝もしくは1勝1分
1勝1敗 2引き分けの場合 優勝決定戦に突入。

 そんなダンテの三冠王チャレンジを追った。