10年ぶりの東海大相模の優勝で幕が閉じた第93回選抜甲子園。今回は大好評企画のランキング形式で選手を総括したい。活躍度、このランキングは選手の将来性など含めた順位としている。

20位 新川 俊介具志川商
八戸西戦、福岡大大濠戦と2試合で好投を見せ、さらに福岡大大濠戦で本塁打を記録。この投手の評価ポイントは技術の高さだ。
投球フォームを見ていくと、下半身主導で動いていきながら、テークバック、リリース、フィニッシュまでの動きが実にきれいで、打撃フォームも余計な反動を使って打つことはなく、癖がない。上背もあり、投手としても、野手としても大成できる可能性を持った逸材だ。

評価ポイント:投球フォーム、打撃フォームから溢れ出る野球センスの高さ

19位 前田 銀治三島南
今年出場した外野手の中ではスケールの大きさではナンバーワン。足も速くて、ベースランニングも軽快。スイングのメカニズムを見ても、ヘッドの重みを利かせた力強いスイングができており、技術的にしっかりしており、とてつもない選手が甲子園でデビューした。

評価ポイント:投げては143キロ、パワフルな打撃、俊足、大型外野手。評価急上昇!

18位 松浦 慶斗大阪桐蔭
松浦にとって悔しい選抜となった。本来であれば、この順位にいる投手ではないが、いずれにしても夏までにしっかりと力を蓄え、パワフルな松浦を見せてくれることを期待したい。
一歩ずつ、良いピッチングができれば、もともとポテンシャルは世代屈指な左腕なだけに、自ずと評価は上がる投手だろう。

評価ポイント:数少ない球威ある直球を投げる大型左腕 本来はここにいる投手ではない。夏こそ驚かせる投球を!

17位 瀬 千皓天理
1年時から公式戦で連発していたスラッガーは選抜甲子園では連日の活躍。速球、変化球をしっかりと弾き返し、勝負強い打撃を見せてくれた。これほど打撃の幅が広ければ、どの舞台でも台頭できる逸材だろう。あとは守備面の精度を高められるかに尽きる。

評価ポイント:打てる幅がとにかく広いこと

16位 池田 陵真大阪桐蔭
初戦敗退となったが、3安打としっかりとアピール。9回表、意地の三塁打。アグレッシブなプレースタイル、さらに総合力の高さは今年の高校生外野手ではトップクラス。技術力も高く、近年の大阪桐蔭でプロ入りした右打者と比較しても見劣りする点はないといえる。何より技術が高く、勝負強いので、順応できるスピードは早いといえる。

評価ポイント:打撃のポイントがとにかく広く、変化球、速球にも対応。さらにに勝負強い。


15位 太田 虎次朗明豊
下半身主導の投球フォームから繰り出す速球、変化球は打ちにくいものがあり、完成度の高さは大会トップクラスの左腕だった。

評価ポイント:決勝戦まで先発・中継ぎで好投。かなりレベルが高い左腕へ育つ可能性がある。

14位 前川 右京智辯学園
今年の大会ナンバーワンスラッガーとして注目された前川選手。捉えた時の打球の速さは熾烈だった。惜しむらくは打席内の焦りが見えていたこと。特に準々決勝の明豊戦ではその傾向が顕著だった。技術、メンタル。まだ突き詰めることはいっぱいあるが、それを乗り越えれば、高校生トップレベルにふさわしい結果を残してくれるに違いない。

評価ポイント:打球速度、打席に入った時の威圧感は凄まじい!

13位 深沢 鳳介専大松戸
評価急上昇を果たした右のサイドハンド。負け投手になったものの、中京大中京戦の投球は圧巻だった。本格派右腕、左腕が多いこの世代において、横の角度で勝負できる深沢の存在はとても貴重。まだまだ球速が伸びる余地は感じさせ、夏までドラフト候補として追跡される投手になりそうだ。

評価ポイント ストレート、スライダーが秋とは比べ物にならないぐらいレベルアップ!もはや別人。

12位 花田 侑樹広島新庄
上田西戦の好投により一気に評価を高めた本格派右腕。総合力の高さは大会トップクラスのものがあり、フォーム技術、ストレートのキレ、変化球の精度は一級品。指名確定レベルになるまでは夏までワンランクレベルアップした投球を期待したい。

評価ポイント:フォーム技術の高さ、ストレート、変化球の精度の高さはトップレベル。

11位 木村 大成北海
惜しくも開幕戦で敗れたが、140キロを超える速球、キレキレのスライダーと大きな印象を残した。総合的に見れば、この世代で木村以上の左腕はなかなかいない。まだラストサマーで高校生ナンバーワン左腕になる可能性は秘めている。

評価ポイント:直球とスライダーを中心としたコンビネーションはわかっていても打てない。