【注目選手のギャラリーはこちら】


東日本編はこちらから!
鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】

 選抜出場32校が決定した。今回は選抜出場を逃した学校を焦点に充てていきたい。

 ただ、選抜出場を逃した学校の対象を広げすぎると、3000数校になってしまうため、各都道府県から推薦され、選考に漏れた選抜出場候補校から選手を選んでいきたい。今回は北信越、近畿、中四国、九州地区を西日本とくくり、これらの地区にいる逸材を紹介していく。

 西日本でセンバツに漏れた候補校の中で最も大物といえば、智辯和歌山となるだろう。スラッガー・徳丸 天晴、144キロ右腕・中西 聖輝、期待の二刀流・武元 一輝などそのタレント度の高さは全国トップクラスだ。春から夏まで市立和歌山と熱い勝負を繰り広げてくれる可能性がある。

 そして、東海大仰星も144キロ右腕・高橋 怜央、遊撃手・中村 暖道、大型外野手・谷口 創など大阪桐蔭履正社に負けないタレントぞろいだ。滋賀学園の最速146キロを誇る本格派右腕・阿字 悠真も期待の逸材で、ドラフト候補として上がる存在だ。

 龍谷大平安は巧打の遊撃手・吉田 元がチームをけん引。1年生の中にも中学硬式で実績を残した潜在能力が高い選手が多く、多くの選手の底上げができれば、タレント型チームになる可能性はある。近江も179センチ92キロの恵まれた体格から長打を量産するスラッガー・新野恵大の進化に期待だ。

 星稜中田 達也は小学校時代、ゴルフ経験があり、吉田正尚ばりのフルスイングで、本塁打を量産する。北信越屈指のスラッガーとして県大会から注目を浴びそうだ。昨秋、北信越大会ベスト4で敦賀気比に敗れた関根学園は遊撃手、投手をこなす滝澤夏央、さらには4番打者として鋭い打球を連発する尾身 颯太も注目のスラッガーだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。