第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち2020年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小園、風間、関戸の150キロ超え3名右腕と北海道もまた上位を狙える左腕が



 小園 健太市立和歌山)は言動を見ていても独特の世界観を持った大型右腕。最速は152キロといわれているが、普段は常時140キロ中盤の速球、カットボール、スライダーなどを器用に投げ分ける投球のレベルの高さは一級品だ。近畿大会準々決勝では強力な智辯和歌山打線にも完封勝利を挙げ、評価を高めている。

 風間 球打ノースアジア大明桜)はこの夏、最速150キロをマークした大型右腕。ストレートの勢い、投手としてのスケールの大きさはこの世代でもトップクラス。ドラフト上位を目指せるポテンシャルは備わっている。

 関戸 康介大阪桐蔭)は好調時ならば150キロ前後の速球で圧倒する速球派右腕。小さな怪我が多いが、しっかりとコンディションを整え、フォームのメカニズムを安定させ、さらに投球の引き出しを増やしていけば、もっと評価を挙げることができるだろう。

 木村 大成北海)は全道大会優勝に貢献した145キロ左腕。余計な癖がなく、連動性がとれた投球フォームから投げ込む常時130キロ後半の直球は切れがあり、スライダーで次々と三振を奪い、全道大会では30.2回を投げて、41奪三振、防御率0.00。K/BBは8.2と高い指標を誇る。スケールの高さだけではなく、安定感も高い大型左腕として人気になりそうだ。

 読者の方にはあの投手が入っていない!と思うかもしれない。それだけ2021年の投手はベスト10の変動が激しく、凄まじい投手豊作になる可能性を持った世代であり、続編では全国の好投手を紹介をしていきたい。

(記事=河嶋 宗一


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第167回 森木大智だけじゃない!12人の四国の高校野球を盛り上げる好投手たち【高校野球コラム】
第1028回 3年ぶり「高卒ドラフト指名」に期待!四国地区高校野球・2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第1298回 151キロ右腕・森木大智(高知)「波瀾万丈」の2020から「限界突破」の2021へ 【2021年インタビュー】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1028回 大学生、社会人の奮闘に「令和版・四国スタイル」。2020年の四国地区高校野球を振り返る【大会展望・総括コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
木村 大成(北海) 【選手名鑑】
松浦 慶斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
森木 大智(高知) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム