第280回 今年の独立リーグのドラフト候補は過去最強の顔ぶれ。四国、BCともに人材豊富。2020年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年の独立リーグは過去最強の顔ぶれと聞く。特に投手は四国アイランドリーグplus、BCともに人材豊富だ。

 BCは150キロ以上の投手が多く揃った。

実力者揃いのBC


 まずは右サイドから最速156キロをマークするという前川 哲。高校時代から140キロを超える投手として評判だったが、紆余曲折を経て、本物になりつつある。

 腕の振りが強く、鉛とも表現できるような威力あるストレートで詰まらせることができる。

 そして高校、大学ではほとんど登板がなかったという石田 駿(BC栃木)は肘が立った右のサイドハンド。常時140キロ後半の速球は勢いが抜群。32試合で防御率3.48、投球回(31)を上回る39奪三振を記録しているものの、即戦力性が求められる独立リーグにおいてこのファクターは不安があり、将来性を買って育成枠の評価となりそう。1年待って即戦力評価でも遅くはない。

 高橋 康二(BC福井 水口出身)は191センチの長身から最速154キロのストレート、フォークを武器に、30試合に登板し、10セーブ。39.1回を投げ、40奪三振、防御率1.37と打高のBCリーグでこの成績は圧巻。26歳と高齢ではあるが、潜在能力は光るものがある。鈴木 駿輔(BC福島 聖光学院出身)は、青山学院大を中退し、そしてドラフト対象年となる今年は10勝、リーグ最多の98奪三振をマーク。高校時代は二刀流として活躍したが、今では150キロ前後の速球と切れのある変化球を投げ込む先発型右腕へ成長した。

 打者では打率.393、13本塁打をマークしたBCトップのスラッガー・速水 隆成(BC群馬 桐生第一出身)は体格、打球そのものはNPBの打者とひけをとらない。需要があれば、それなりにプレーできる選手だ。

 一方、四国アイランドリーグplusは、2005年からリーグがスタートし、今年は史上最強という評判だ。

今年の四国アイランドリーグplusは史上最強!



石井 大智

 今年は7投手に調査書が届いている。石井 大智(秋田高専―高知ファイティングドッグス)は今年の独立リーグでは最も高く評価されている投手で、最速153キロの速球と切れ味鋭いシンカーを武器に、今シーズンは防御率1.69、129奪三振、奪三振率11.50をマーク。6勝7敗と負け越しをしてしまったが。それでも実力は折り紙付きのものがあり、本指名に期待がかかる。

 平間 凛太郎(高知ファイティングドッグス 山梨学院出身)は大谷世代最後の大物。左腕のグラブを高々と挙げて振り下ろす最速153キロのストレートは威力抜群。リーグ最多の18セーブをマークしている。今年で26歳を迎えるが、潜在能力は高い。

【次のページ】 今年の独立リーグのドラフト候補は過去最強の顔ぶれ。四国、BCともに人材豊富。(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム