10月26日に開催されるドラフト会議。

 動画で、「【ドラフト前必見】ドラフト候補期待度ランキング「ベスト20」注目選手たちを一挙紹介!!」を紹介したが記事ではベスト30まで拡大して紹介。人選もさらに見直しをして、順位も変動を行った。

30位~21位まで一挙紹介!


30位 西川 僚祐東海大相模
高校通算50本塁打以上を放っているスラッガー。まだ課題も多く、プロ入り後もフォーム改造などかなり研究が必要だが、はまれば、シーズン二けた本塁打も期待できる逸材。

29位 誉田 貴之福岡工大城東
甲子園で開催された独自練習会で、2安打を放つ活躍。スローイングタイム1.9秒台の強肩も安定感があり、攻守ともにハイレベルなキャッチャー。

28位 奥村 真大龍谷大平安
自粛期間中で体重を増加させ、木製バットでも本塁打。この1年で評価急上昇の好打の三塁手。

27位 西野 力矢大阪桐蔭
高校通算30本塁打を誇る長打力を持ち、さらにコンタクト力も長けた大型スラッガー。

26位 秋広 優人二松学舎大附
200センチのスラッガー。投手としても144キロを投げるが、魅力は断然野手。初球から果敢に振れるスタイルで、何より魅力なのは迫力抜群のスイング。打球に角度をつけるのがうまく、将来的には二けた本塁打をマークしていてもおかしくない逸材。

25位 寺本 聖一広島商
甲子園で開催された練習会で、大きくアピールに成功した左の好打者。青木宣親のような打撃フォームからフルスイングを行い、長打を量産。さらに強肩ぶりも見逃せない。

24位 度会 隆輝横浜
ヤクルトで活躍した度会博文さんの次男。バットコントロールが素晴らしく、ほとんど三振がない。飛ばすツボをつかんでおり、動きも軽快な大型二塁手。

23位 漁府 輝羽おかやま山陽
岡山独自大会で大きな注目を浴びた大型スラッガー。ゆったりとしたタイミングをとってパワフルなスイングから長打を量産する。ライトからの強肩も魅力的。

22位 元 謙太中京
昨夏、逆転満塁本塁打を放つなど、投打で活躍し注目を浴びた二刀流。ゆったりとタイミングをとり、前に大きくとった打撃フォームは長距離打者になる素質があり、大一番で結果を残してきたように、プロの選手に必要なメンタルの強さを持っている。

21位 根本 悠楓苫小牧中央
全国出場はないが、この夏で一気に評価を高めた好左腕。140キロ中盤の速球、切れ味抜群のスライダーをコントロールよく投げ分ける投球の完成度の高さは超高校級。