第278回 佐藤輝明(近大)、牧 秀悟(中大)など甲子園未出場の大学生野手たち2020年10月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]近大・佐藤をはじめとしたスラッガーたち
[2]守備職人・瀬戸西や俊足・五十幡や並木らも注目!


 今年の大学生野手は魅力的な逸材が多い。殆どの選手が高校時代は甲子園出場がなかったり、夏は早期敗退だったり、目立つことなく、高校時代を終えている。

 今回はそういう逸材をピックアップして取り上げていきたい。

近大・佐藤をはじめとしたスラッガーたち



佐藤輝明(仁川学院出身)

 まずは近畿大の佐藤輝明(仁川学院出身)。高校時代は全くの無名だったが、名将・田中監督が惚れ込む選手として順調に成長。リーグ戦通算13本塁打を放つスラッガーとして、オリックスが早くも1位指名を表明。187センチ94キロの体格はプロの選手に混じっても非常に大きい。

 榮枝 裕貴高知-立命大)もスローイングタイム1.8秒台の強肩を売りとする強打の保守。さらに古川 裕大久留米商ー上武大)は自分の代になってから九州、甲子園につながる公式戦は0勝。それでもプロにいくために上武大に進み、リーグ通算12本塁打をマークした強打者へ成長。スローイングタイム1.8秒台の強肩も魅力だ。

 武岡 大聖生光学園-八戸学院大)は武岡 龍世八戸学院光星-東京ヤクルト)の兄であり、弟と違ってパワフルなスラッガー。

 牧 秀悟松本第一-中央大)は三振をしない右のスラッガー。最後の夏は初戦敗退に終わったが、今では今年の大学生打者では最も穴が小さく、打ち取りにくい強打の二塁手へ成長した。今年の大学生打者で来年、一軍で最も安打を打てる打者は牧かもしれない。それぐらい大きな期待を持てる打者なのである。

 平良 竜哉前原-九州共立大)はリーグ戦通算15本塁打を放っている右のスラッガー。小柄ではあるが、パワフルなスイングは魅力的だ。

 矢野 雅哉(育英-亜細亜大)は鉄砲肩を誇る遊撃手で、3年秋にも首位打者を獲得。高校時代と比べると一層と力強さが増している。

【次のページ】 守備職人・瀬戸西や俊足・五十幡や並木らも注目!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
慶應義塾 【高校別データ】
仁川学院 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム