近年、スキルが高い好捕手が増えてきている。今年、プロ志望届を提出した逸材捕手22名について紹介したい。

今年の高校生捕手を代表するのがこの5人


 今回紹介するのは以下の22名。

内山 壮真星稜
関本 勇輔履正社
二俣 翔一磐田東出身)
牧原 巧汰日大藤沢
誉田 貴之福岡工大城東
古谷 将也(成田)
荒木 友斗加茂暁星
藤田青空弘前東
松倉 星斗池田工
中川 拓真豊橋中央
長谷川 勝紀(近江
釣 寿生京都国際
京都外大西京都外大西
土井 翔太郡山
橋本 爽汰益田東
谷川 唯人立正大淞南
古市 尊高松南
岸本 暖福岡第一
居谷 匠真明豊
末田 龍祐大分商
坂本 勇人唐津商
曽我 幸大日向学院

 まず紹介したいのが、内山 壮真星稜)だ。打者としては今年の高校生では1.2を争う打撃技術の高さを持ち、高校通算30本塁打を超え、パワーではなく、技術の高さで打球に角度をつけることができる。打てるコースも広く、木製バットの対応も高い。スローイングタイム1.8秒台の強肩に加え、落ち着いた佇まいも魅力的だ。技術的にも、精神的にも成熟しており、高校生野手ではドラフト上位に入ってもおかしくない選手だ。

 続いて紹介したいのが、関本 勇輔履正社)だ。ライト方向へも長打が打てて、1.8秒台を計測するスローイングを武器に夏の星稜戦で3回盗塁を刺した。攻守において総合力が高く、打てる捕手として人気が集まりそうだ。

 今年にかけて評価が急上昇したのが二俣 翔一磐田東出身)だろう。スローイングタイム1.7秒台も計測するという強肩。実際に見ると、捕手の送球ではなく、投手が投げている錯覚をさせるほどの軌道。キャッチボールを見てもドラフト候補に挙がる投手なのかと思うぐらいえぐい軌道をしているのだ。打者としても高校通算21本塁打を放っており、細身でありながら、両腕の使い方が非常にうまく、しっかりと捉えた打球を放つ。木製バットで臨んだ練習試合でも本塁打を放っており、攻守の完成度の高さは今年の高校生捕手でもピカイチな逸材だ。

 そして高校生ナンバーワン捕手として呼び声が高いのは、牧原 巧汰日大藤沢)だろう。森友哉ばりを彷彿させる打撃フォームから逆方向にも本塁打が打てる技術。スローイングタイム1.8秒台を計測するスローイングと攻守でレベルが高い。野手としては文句なしに二軍でレギュラーとして試合に出場させたい選手。ただ総合力を見ると、捕手としてはかなり時間がかかる捕手。打撃面で出場機会を得ながら、守備面で少しずつレベルアップしながら信頼をつかんでいきたいタイプ。

 誉田 貴之福岡工大城東)は福岡トップクラスの強肩捕手。甲子園で開催された練習会では2安打を記録したことで評価を上げた。木製バットの対応力も高く、振り幅が大きいスイングながら確実にコンタクトし、広角に鋭い打球を飛ばせる。スローイングタイム1.9秒台の二塁送球はコントロールが良く、投手の特徴に合わせたリードができる。

 古谷 将也成田)も1年秋から注目を浴びてきた全国クラスの強肩捕手。高校通算25本塁打の長打力はパンチ力があり、1.8秒台にも達するスローイングは魅力。まだプレー全体は荒っぽさがあるが、俊足でもあり、身体能力の高さも魅力。