榮 龍騰 ※写真は昨春の試合より

松木平 優太(精華) 投手 右投げ右打ち 180センチ65キロ
 この夏に急浮上した145キロ右腕。スピードはもちろんだが、フォームの良さ、将来性を含めてピカイチの逸材だった。練習会でも打者5人相手に3奪三振に抑えるなど実力のアピールに成功した。

 ノーワインドアップから始動し、左足をゆったりと挙げてから真っ向から振り下ろす右のオーバーハンド。常時135キロ~140キロのストレートは回転数が高そうで、プロのスカウトから注目されるのもうなづける球質の良さがある。115キロ前後のスライダーは手元でキレるので、左打者の膝元に決まったときは空振りを奪うことができる。コントロールもまずまずで四球から崩れることは少ない。

 投球フォームを見ても完成度は高く、左足を挙げて、右足で立った時のバランスの良さ。テークバックからトップに入るまでしっかりと肘が上がり、胸の張りも良い。現在、185センチ65キロとかなりの細身。半年間、専門的に体づくりができる球団や、トレーニング指導を受けた時、どんなボールを投げ込むのかとても楽しみな投手だ。

 即NPBという投手ではなかったが、NPBならば3年間の養成機関で大きく化ける可能性があり、独立リーグを経由すれば、1年~2年でNPB入りを狙える才能を秘めている。

榮 龍騰津田学園)投手 176センチ80キロ 左投げ左打ち
 夏前からプロ志望を掲げていた左の本格派。ストレートのキレ、キレの良いスライダーは光ものを感じさせる投手。

 左スリークォーターから常時135キロ~138キロのストレートは切れ味抜群。しっかりとコーナーに決まったときは空振りを奪えるが、細かなコントロールに欠け、4四球。やはりキレで勝負する投手は初球から難なくストライクを取れる制球力の高さが欲しい。120キロ前半のスライダーのキレも良いのだが、不用意に四球を与えてしまって、ストレート、変化球の切れの割には失点が多く与えてしまいそうなイメージがある。

 体づくりをしていけば、常時140キロ中盤まで速くなりそうな潜在能力は秘めているが、まずはテンポよくストレート、スライダーをストライクに投げ込める制球力を身に着け、投球を展開する。自分を優位に持っていく。また相手打者に応じた投球術を身に着けることが次のステージで活躍できるカギとなりそうだ。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」
小柄な2番ショートが高校1年までの4年間で146キロ右腕になるまで 高橋宏斗(中京大中京)
篠木健太郎の伸びのある快速球のルーツは中学2年秋