目次

東京大会で連日、多くのスカウトの試合から注目を集めたといっていいのが二松学舎大附秋広 優人だ。200センチを誇る二刀流の投打に大きな可能性を感じさせ、連日、多数の球団が視察に訪れた。惜しくも準々決勝で敗れたが、打者として大きな可能性を実感させる。

投手・秋広の3年間は無駄ではない


 今年の高校生投手は中森 俊介明石商)、高橋 宏斗中京大中京)を筆頭とした剛速球投手に注目が集まる。200センチで最速144キロを誇る秋広だが、実際は135キロ前後ぐらいで、指にかかったときは140キロ前半のストレートを投げられるがその割合は少ない。同世代と比較すると投手として物足りなさを感じる。ただ、投球フォームには大きな癖がなく、ワインドアップから左足を大きく上げていき、体を沈み込ませて体重移動を行う。フォーム一連の流れが悪くないので、今後、投手として専念すれば、さらに球速アップするかもしれない。

 一方、打者としては大きな凄みを感じさせる。大谷 翔平のように大きな反動を使わずに、スイング軌道も滑らかでコンタクト能力の高さを感じさせる左の強打者だ。この試合では7回裏に1点差に迫る2点適時打。外角に決まったストレートを打ち返すことができた。

 秋広の打者としての魅力は初球から振っていけること。とらえた打球のほとんどが滞空時間の長いフライということだ。4回戦の上野学園戦では遂に初本塁打を放ったが、打者としてのスケールの大きさ、それに見合うスイングの鋭さ、コンタクト能力の高さが秋広には備わっており、スラッガーとして大きく化ける可能性があるのではないだろうか。

 ただ、投手としての秋広の3年間は無駄ではなかった。市原監督の勧めで入学1年は土台固めに入り、徐々に実戦登板を積み重ねたことで、最速144キロを投げるまでの投手に成長。投手としてのトレーニングがなければ、これほどの身体能力を養うことはなかったかもしれない。

 大会後、プロ志望届を提出することを明言した秋広。
「今の実力ではプロは厳しいと思うので、もっと努力していきたい」

 強肩強打のスラッガーとして、先輩の鈴木誠也に続く大成を期待したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)が東福岡相手に6回13奪三振!投球全成績を掲載
第242回 ドラフト候補期待度ランキングベスト20!1位に選ばれたのはあの選手!
第898回 九州大会総括 全国クラスの投手陣、高校通算42本塁打のスラッガー...。今年の福岡大大濠はゲキアツ!