第269回 200センチの二刀流・秋広優人(二松学舎大附)のピークはこれから。伸びしろは無限大2020年07月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]剛腕投手になるまでは長い道のり
[2]レベルの高い環境で漬け込むべき逸材

 今年のドラフト候補で最大級のサイズを誇るのが二松学舎附・秋広 優人だ。200センチから140キロ前後、打っても高校通算20本塁打超。そんな秋広に対し、多くの球団が注目を注いでいる。

 「この身長を見た瞬間、投手をやらせてあげたいなと思いました」と二松学舎附の市原監督は入学時をそう振り返る。入学時から198センチ。また秋広は手足が長く、腕の振りを見てもしなやかで、大柄選手にありがちな不器用さはない。野球を関わる方ならば誰も投手をやらせてあげたいと思う素材だ。

剛腕投手になるまでは長い道のり



秋広優人(二松学舎大附)

 ただ市原監督は誰もが魅了する剛腕投手になるまでは長い道のりがかかると感じた。

 その理由として、中学時代は成長痛により膝を痛めていたため、選手としてプレー期間は短かく、強度の高いトレーニングや技術練習ができる体ではなかった。

 まず市原監督は投手に本格専念するまで、まずはジョギングなど歩き方からの指導に入った。市原監督が念頭に置いていたのは「故障をさせないで卒業をさせること」。
1年生の時は野手での出場がメインだった。その時は野手として高い才能を発揮していた。
 すでにクリーンナップを打ち、しなやかなスイングから広角に長打を飛ばすことができており、いわゆる大谷翔平とだぶらせるものがあった。

 そして2年秋から投手に本格専念し、現在に至る、まず投手としての秋広はワインドアップから入り、豪快に左足を挙げていく。
 そこから重心を低くして、テークバックをとって、真上から振り下ろす動作。左腕のグラブを斜めに伸ばしてテークバックをとったときの動作がやや東浜巨と似たところがあり、大型投手としては良くまとまっている印象だ。

 ストレートは常時135キロ前後(最速138キロ)。スピードガンの精度によっては140キロ~143キロは出ていてもおかしくないほどの球威はある。
東京成徳大高戦ではしり上がりに調子を上げていき、見逃し三振に打ち取ったときのストレートは角度、威力ともに抜群で、この時期になると高校生でも145キロ前後を投げる投手は多くいるが、200センチからの「角度」のあるストレートは秋広にしかない武器である。
スライダーなども投げていたが基本的にストレート勝負。まだ勝つ投球をするために精度の高い変化球を習得するのではなく、まずはしっかりとしたストレートを投げる意図が見える。

 そして東京成徳大戦の打撃を振り返ると3打数2安打。2本の二塁打を放った。
 これはフェンス近くまで張り付いた東京成徳大高の外野手の前に落ちた打球で、秋広はその守備位置を見た瞬間、外野の前に落ちた時から二塁を狙うことを決めていたという。

 打撃フォームは大谷翔平チックで、無駄なひねりは入れずに、ボールを手元まで呼び込んで、前を大きくしたスイングで、捉えた打球は1人だけ弾道の高さが違う。
柳田(ソフトバンク)の打撃動画を参考にしているように、1年生の時と比べるとだいぶ体全体で振れるようになり、強さが出てきた。

【次のページ】 200センチの二刀流・秋広優人(二松学舎大附)のピークはこれから。伸びしろは無限大(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs早稲田実業【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
二松学舎大附vs佼成学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
二松学舎大附vs岩倉【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
二松学舎大附vs成立学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第270回 200センチの二刀流・秋広優人はスラッガーとして化ける可能性を持った逸材だ【ドラフト特集コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
第473回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「ドラフト6位でもハートの強さで這い上がる!」【後編】 【2016年インタビュー】
秋広 優人(二松学舎大附) 【選手名鑑】
二松学舎大附 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム