新型コロナウイルス感染拡大の影響で、選抜大会をはじめ、全国的に地方大会が中止となっている。今回は本格的な大会開幕が4月になりそうな高校野球に備えてドラフト候補トップ20を特集!

 順位別で紹介をしていきたい。

投手編、スラッガー編、捕手・内野手編はこちらから!
中森俊介、篠木健太郎を筆頭にオリンピックイヤーをけん引する40人の好投手たち
2020年は「スラッガー世代」だ。来田、西川など高校野球をけん引する12人のスラッガーたち
2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!

全国トップ20に選ばれた逸材は?


 20位 外野手 奥野 翔琉明徳義塾
 全国的に見ても好外野手は多いが、トップ20に選んだのは、50メートル5秒7の超俊足を生かしたベースランニングにある。明治神宮大会の中京大中京戦で148キロ右腕・高橋 宏斗からレフトへ二塁打を放ったが、その時のタイムは7秒41!二塁到達の基準が8秒29以内と考えると相当速いタイムだといえる。また塁間タイムも3.8秒台を計測しており、足の速さは全国トップクラス。

 奥野をさらにピックアップする理由として、好投手に強いこと。昨夏の高知大会決勝戦では150キロ右腕・森木 大智高知)からストレートを痛烈にはじき返す適時打を放っている。膝をうまく使って低めの球を打ち返せる技術の高さがあり、ドラフト候補として注目すべき脚力、バットコントロールがあるとみてピックアップさせていただいた。

19位 三塁手 小深田 大地履正社
 昨夏の甲子園優勝経験者。なんといっても魅力は体幹をうまく使ったパワフルなスイング。昨秋まで高校通算29本塁打を放ち、その1本1本の飛距離はけた違い。対応力も高く、欠点が少ない打者である。三塁守備も打球反応が良く、スローイングを見ても地肩が非常に強い、高い守備力と長打と巧打を兼ね備えた打撃力を持った全国レベルの三塁手はなかなかいない。ドラフト候補としてマークすべき逸材だ。

18位 遊撃手 入江 大樹仙台育英
 毎年、右打ち大型遊撃手の評価は高騰する。昨年のオリックス2位の紅林 弘太郎駿河総合)も甲子園未出場ながら日本代表候補入りしたように、入江選手もポテンシャルの高さでは負けていない。明治神宮大会の特大本塁打は強烈な印象を残した。昨秋は公式戦・練習試合を通じて2本塁打と意外と多くない。今年は練習試合・公式戦をすべてにおいて別格な成績を見せていきたい。

17位 遊撃手 宗山 塁広陵
 中国地区でまず見てみたい選手を1人挙げれば宗山 塁をピックアップしたい。2年春にセンバツを経験。持ち味は速球投手に振り負けないバットコントロールと俊敏な遊撃守備。1年秋の明治神宮大会では星稜奥川 恭伸(東京ヤクルト)の140キロ後半の速球をホットにして、強烈な印象を残した。そして俊敏な遊撃守備にも注目だ。小刻みなステップから打球をさばき、持ち替えも速く、次々とアウトを演出する守備技術の高さ、スピードは一級品だ。

 一冬超えてどんな成長見せるのか楽しみにしたい。

16位 投手 片山 楽生白樺学園

 昨秋の全道初優勝に貢献した4番エース。ダイナミックな投球フォームから繰り出す130キロ後半の速球と130キロ近いカットボールのコンビネーションで打者を翻弄。全道大会では不調だったが、明治神宮大会ではしっかりと立て直し、12.1回を投げ、自責点3、防御率2.19と大きく改善した。フォーム技術は高く、一冬超えて大きく球速を伸ばせば、支配下登録候補に挙がっている沼田 翔平旭川大高-巨人)のようなタイプに育つかもしれない。また全身を効率よく使い、パワフルなスイングから振り抜く鋭い打球は広角に飛ばすことができる。夏には驚くような成長を見せているかもしれない。

15位 投手 山下 舜平大福岡大大濠
 186センチの長身から繰り出す最速144キロのストレートが魅力の大型右腕。他の好投手にはない角度の高さは魅力。同校OBの浜地真澄(阪神)投手の以来の逸材ではないだろうか。例年、進学傾向が強いチームだが、十分に高卒プロを狙えるポテンシャルを持っている。スケール抜群のピッチングを見せてくれることを期待したい。

14位 外野手 西川 僚祐東海大相模
 現役高校生ではトップクラスの高校通算53本塁打を誇る大型スラッガー。甘く入ったボールは高確率で本塁打にできる技術の高さがある。打球速度は高校生のレベルを超えており、大きく育てたいと思わせる選手。今年はいろいろなタイプを打ち分ける対応力の高さが課題。そこで小さくなるのではなく、空振り三振が多くても甘く入れば、軽々と本塁打にできる怖さが欲しい。

13位 捕手 古谷 将也成田
 1年秋から正捕手となった強肩強打の大型捕手。肩の強さ、長打力に関しては2学年上でプロ入りした田宮 裕涼(北海道日本ハム)を上回るものはある。昨秋は県大会で逆転サヨナラ3ランを放つなど勝負強さも折り紙付き。ただ、田宮は捕手として必要な繊細さ、思慮深さを持っていた。
 古谷も決して意識は低いわけではないのだが、一流の捕手と比べるとまだ劣るところはある。千葉県は習志野を筆頭に駆け引きが優れたチームが多い。そういうチームを勝つために日々努力すれば、ポテンシャル、インテリジェンスが優れた捕手になる可能性は十分にある。秋からの成長をぜひ見ていきたい選手だ。

12位 投手 川瀬 堅斗大分商
 福岡ソフトバンクの川瀬 晃選手の弟で、1年生の時から140キロ右腕として注目を浴びていたが、現在では最速147キロの速球とカーブを武器にする大型右腕へ成長。大分商OBの投手といえば、森下暢仁(広島東洋)。森下を彷彿とさせる縦回転の投球フォームで、角度の高いストレート、カーブを投げることができる。投球の土台が良いので、全国的な活躍を見せれば、ドラフト上位に浮上する可能性を持った投手ではないだろうか。

11位 投手 笠島 尚樹敦賀気比) 
 昨年の甲子園3試合では最速145キロのストレートを武器に、3試合22イニングを投げて、自責点7と力投。注目はひざ元へ伸びる140キロ中盤のストレート。分かっていても打てない凄さがある。120キロ後半のスライダーもしっかりとコントロールし、繊細な投球ができる点は、高校生としてはかなりレベルが高い。さらに球速アップに成功し、この夏も全国的な活躍を見せれば、高校日本代表候補に挙がる投手ではないだろうか。