第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!2019年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]NPBへの近道
[2]NPB輩出偏差値

 2019年ドラフト会議が終わった。107名(そのうち育成は33名)の選手が指名されたことになる。高校生が51名、大学生36名、社会人11名、そして独立リーグが9名が内訳である。今回のコラムでは、NPBの入団する上でどの「チーム」に入るのが最もNPBに近道なのかを考えてみたい。

NPBへの近道



徳島インディゴソックスからNPB入りをする上間永遠投手・岸潤一郎内野手兼外野手

 一番最初にも触れたが、高校・大学・社会人・独立リーグという区分けをしたが、今回はあくまでも、「NPBに入りやすいチーム」について考察したい。

 高校生ではドラフト会議で51名が指名されたが、何名の中から選ばれた51名なのか母数を考えたことはあるだろうか。日本高等学校野球連盟に所属している硬式野球部を持つ高校の数は、3957校となる、部員数は143,867名である。この数値は硬式野球部だけに限定したもので、軟式野球部を入れればその数は更に増えるのは容易に想像ができる。つまり硬式野球部に所属している部員数で考えても、全部員の0.035%以下の選手しか選ばれないのである。ただし今回の命題は「NPBに入りやすいチーム」である。そうなると、高校というセグメントで括るのでなく、チーム単位で考えたほうが良いのである。つまり、高校ならば、大阪桐蔭敦賀気比花咲徳栄横浜などのチームが多くのNPB選手を輩出している。このようなチームでの割合を考える必要が出てくる。

 では、高校、大学、社会人などのセグメントを忘れて、単純に人数だけで比較してみたい。過去5年間でNPBにドラフト指名された選手が最も多い高校は、大阪桐蔭花咲徳栄で7名がドラフト指名された。大阪桐蔭は、昨年4名がドラフト指名され注目が集まった。大学では、慶應義塾大学が今年の4名指名を含め、ここ5年間で8名がドラフト指名された。社会人野球チームでは、JX-ENEOS、JR東日本、Hondaなどが7名を送り込んでいる。JR東日本は2011年より毎年のように選手を送り出すなど非常に安定している。独立リーグでは、徳島インディゴソックスが5年間で12名をNPBに送り出すなど独立リーグだけでなく全セグメントを含めても頭一つ抜けているのが分かる(ドラフトでは10名が指名)。

 ただ、本当の凄さはNPBに輩出した人数でなく、所属チームからNPBに行く人数の割合である。なぜなら今回のテーマは「NPBに入りやすいチーム」である。極端にいえば、100名の中の2名がNPBに行くよりも、9名のチームで1名NPBに輩出しているチームがあれば、NPBに入りやすいのは9名のチームのほうが5倍以上入りやすことが分かる。

 では、まず高校のチームを考えてみる。少数精鋭で知られる大阪桐蔭は1学年20人前後在籍している。全学年で約60名になる。1昨年の4名がドラフトに選ばれた時期を考えると、7%近い割合でNPBに行ったことになる。では、それ以外の年はどうだろうか?大阪桐蔭の5年平均を見ると、NPB輩出率は約2%となる。高校の中ではNPB輩出率が高い数値になる。2%という数値は大学トップレベルのチームにも当てはまる。今年4名をNPB輩出し、当たり年となった慶應義塾大学の部員数は163名である。(4年生47名、3年生46名、2年生33名、1年生37名)その中から4名がドラフトに選出された。割合で言えば2.5%となる。高校、大学などをみるとこの2.5%が上限なってくる。

 ただし、もう1つ気にしないといけないポイントがある。それはピーキングである。言われてみれば当たり前だが、高校も大学も1年生からNPBには行けないのである。つまり、ドラフト対象年以外はNPB排出率は0%なのである。そうなるとドラフト対象年でNPBの目に留まる活躍をする必要が出てくる。つまりピーキングが重要になる。1年生時にピークが来てもドラフト時にピークが過ぎていれば指名されない。そして在学中に来るたった1度の機会をものに出来る選手は慶應義塾大学ですら全部員中の約2.5%になる。この数値でも当たり年の4名で計算した数値である。これが2017年、2016年のように1名の指名なら1%に届いてこないのである。非常に狭き門であることが分かる。

 一方、社会人野球チームはどうだろう、JR東日本は所属部員数は35名、JX-ENEOSは30名と多くないが、今年も1名NPBに入れている。直近5年間で、両チームは多い年ではJR東日本が2014年に3名、JX-ENEOSは2017年で3名ドラフトで選ばれている。そう考えると3%~10%近くが選ばれることになり、高校・大学よりは多い割合が行くことになる。ではピーキングという点ではどうだろうか?ここも学生とは大きく違ってくる。高校卒業後、社会人チームに入団した場合は3年間、大学卒業だと2年間プレーする必要がある。その後にドラフト指名の権利が出る。つまりピーキングは1年目でなくもちろん、ドラフト対象年以降になる。なぜ以降と書いたかというと、実はその後は毎年機会が訪れるからである。ここが学生野球とは大きく違う点である。

 最後に、独立リーグはどうだろう。徳島インディゴソックスは、所属選手は35名である。今年は3名、2017年には4名と、7年連続NPBに選手を輩出している。その割合は、10%を超える年が出るほど高い数位で割合が推移しているのが分かる。

【次のページ】 NPB輩出偏差値

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第266回 法律的にも批判されている韓国版「田澤ルール」撤廃。プラスになるような改革を韓国でも【後編】【ドラフト特集コラム】
第265回 2年間の契約不可、契約金不可…。日本の田澤ルールより厳しい「韓国版田澤ルール」の制約とは?【前編】【ドラフト特集コラム】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム