第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!2019年10月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]超強肩捕手・古谷など注目したい8人の捕手たち
[2]世代ナンバーワンショート・土田など来夏まで注目したい18人の内野手たち

 2020年の高校生野手は、黄金世代と呼ばれるぐらい人材が揃っている。そんな野手の顔ぶれを今回は、編集部のドラフト部長こと河嶋宗一がこれまでに見てきた選手を中心に、シリーズ別で紹介したい。続いては「捕手・内野手編」だ。

投手編、スラッガー編はこちらから!
中森俊介、篠木健太郎を筆頭にオリンピックイヤーをけん引する40人の好投手たち
2020年は「スラッガー世代」だ。来田、西川など高校野球をけん引する12人のスラッガーたち

超強肩捕手・古谷など注目したい8人の捕手たち



強肩強打が魅力の古谷将也(成田)

 まずは、超強肩捕手・古谷 将也成田)の名は覚えておきたい。プロ入りした2学年上の田宮(北海道日本ハム)が目標という古谷。1.8秒台を計測するスローイングは、すでにタイムの面で田宮を上回っている。また、パワフルな打撃も魅力で、県大会3回戦の東京学館船橋戦では逆転サヨナラ3ランを放った。秋は県大会ベスト8に終わったが、全国では数少ない大型捕手として、人気株になりそうだ。

 また、山田 将義二松学舎大附)はU-12とU-15代表を経験している好捕手。1年生から正捕手として出場し甲子園も経験。シュアな打撃と正確性の高いスローイングが魅力だ。

 神里 陸東海大相模)は、現在、横浜DeNAベイスターズでプレーする神里 和毅の弟で、兄譲りのバットコントロールを誇る。西川、鵜沼、山村のスラッガートリオがいるため、チームでは6番打者だが、本来はクリーンナップを打っていてもおかしくないのほどの打撃技術を持ち、正確なスローイングも魅力だ。
  同じ神奈川では、牧原 巧汰日大藤沢)も走攻守三拍子揃った捕手。この夏の神奈川大会で、3本塁打を放ったパワフルな打撃と、軽快なベースランニングを見ていると、タイプ的には佐藤 都志也聖光学院‐東洋大 / 千葉ロッテ2位指名)を思い出させる。

 栗田 勇雅山梨学院)も経験豊富な捕手。パンチ力ある打撃に加え、複数投手の持ち味を引き出すインサイドワークに強肩と、力量は高い。
  戸丸 泰吾(健大高崎)はスローイング1.8秒台の強肩を誇る捕手。視野も広く、主将としてナインをしっかりと引っ張るキャプテンシーも魅力。打順は8番ながら、本塁打も打てる力量はあり、打撃面でアピールすれば自然と評価が上がる選手だろう。

 ここからは関東地区以外の捕手を紹介しよう。
 佐藤 琉河東北)も1.9秒台のスローイングとパンチ力ある打撃は東北地域では、トップレベルに入る選手だ。
 印出 太一中京大中京)は1年春の招待試合から結果を残してきた右の強打者。現在、捕手として攻守でチームを牽引する存在となっている。この1年はどんな結果を残していくのか注目が集まる。

 また、阪神タイガースで活躍した関本賢太郎さんの息子・関本 勇輔履正社)も全国レベルの好捕手だ。1.9秒台を計測する強肩が魅力で、勝負強さと長打力はかつて代打で活躍した父親譲りで、秋季大阪大会決勝の大阪桐蔭戦では9回裏に同点3ランを放った。また、これまでの試合を振り返っても多くの本塁打を量産している強肩強打の捕手だ。

 ではドラフト部長こと河嶋宗一が選んだ「2020年の注目の捕手」をおさらいしよう。

【捕手リスト】
古谷 将也成田
栗田 勇雅山梨学院
神里 陸東海大相模
牧原 巧汰日大藤沢
戸丸泰吾(健大高崎
佐藤 琉河東北
印出 太一中京大中京
関本 勇輔履正社

【次のページ】 世代ナンバーワンショート・土田など来夏まで注目したい18人の内野手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第9回 国士舘高等学校(東京地区代表)「エース・中西健登の好投を軸に試合を重ねながら戦力を整備し、安定したチームに」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第243回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 優勝を狙える戦力を揃えた帝京【ドラフト特集コラム】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
相羽 貫太(静岡) 【選手名鑑】
池田 凛(宮古) 【選手名鑑】
池田 凛(履正社) 【選手名鑑】
佐藤 琉河(東北) 【選手名鑑】
入江 大樹(仙台育英) 【選手名鑑】
印出 太一(中京大中京) 【選手名鑑】
鎌田 州真(国士舘) 【選手名鑑】
神里 陸(東海大相模) 【選手名鑑】
栗田 勇雅(山梨学院) 【選手名鑑】
小吹 悠人(山梨学院) 【選手名鑑】
小松 涼馬(帝京) 【選手名鑑】
関本 勇輔(履正社) 【選手名鑑】
津田 啓史(横浜) 【選手名鑑】
角田 勇斗(習志野) 【選手名鑑】
常世田 翔太(銚子商) 【選手名鑑】
土井 翔太(郡山) 【選手名鑑】
中山 礼都(中京大中京) 【選手名鑑】
濱田 蓮(立花学園) 【選手名鑑】
古谷 将也(成田) 【選手名鑑】
牧原 巧汰(日大藤沢) 【選手名鑑】
松本 憲信(成田) 【選手名鑑】
宗山 塁(広陵) 【選手名鑑】
山路 将太郎(鶴岡東) 【選手名鑑】
山梨学院 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム