第233回 実力派左腕カルテットや地方に潜む速球派右腕など今年の高校生投手は粒揃い!【後編】2019年10月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]甲子園未出場組の実力派左腕カルテットに注目だ!
[2]まだまだいる全国の速球派右腕たち 彼らの指名はあるのか?

 今年のドラフト候補 高校生投手紹介の前編では、今年の目玉投手を紹介してきたが、後編では、プロ入り後の活躍が楽しみな潜在能力の高い高校生投手たちを紹介したい。

前編はこちらから!
今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】

甲子園未出場組の実力派左腕カルテットに注目だ!



力のあるストレートが魅力的な米山魁乙(昌平)

 ドラフトで毎回、必要になるのが左腕投手の補強である。今年の高校生左腕は、及川 雅貴横浜)、宮城 大弥興南)がトップを走る。この2人に続く評価をされているのが以下の4人の左腕だ。

井上 温大(前橋商)
米山 魁乙(昌平)
佐藤 一磨(横浜隼人)
玉村 昇悟丹生

 この4人に共通するのは非甲子園出場組みということだ。そのため全国的な知名度はないが、実力は非常に高いものを持っている。

 まず井上 温大(前橋商)は群馬大会決勝に導いた好左腕。しなやかな腕の振りから繰り出す常時140キロ前半のストレートはキレがあり、さらにスライダー、カーブの精度も高い。また、夏の大会が終わって、新チームの打撃練習で打撃投手を務めた井上はさらに球速を伸ばし、自己最速の146キロをマークし、球威を着実に伸ばしている。

 米山 魁乙(昌平)はこの夏、最速144キロを記録した左腕。球速表示以上を感じさせる伸びのあるストレートを投げ込み、さらに120キロ後半のカットボール、120キロ前半のスライダーを織り交ぜるピッチングは実戦的だ。

 188センチの大型左腕・佐藤 一磨(横浜隼人)は春から夏にかけて急成長した大型左腕。春まで最速138キロだったのが、夏では7キロもスピードアップ。平均球速も140キロ台に達し、120キロ前半の縦横のスライダー、100キロ台のカーブを織り交ぜ、大型投手としては器用なピッチングができる投手で、フィールディング、牽制技術、クイック技術も高く、面白い投手だ。

 玉村 昇悟丹生)は福井大会決勝まで導いた好左腕。玉村の良さといえば、140キロ前半の速球を内外角に投げ分ける制球力の高さ。決め球のチェンジアップも低めに集めることができて、ピッチングの完成度の高さは今年の左腕投手でもトップクラス。メンタルもだいぶ強くなり、なかなか崩れない好左腕へ成長した。

 果たして甲子園未出場組の左腕はどんな評価が下されるのか?

【次のページ】 まだまだいる全国の速球派右腕たち 彼らの指名はあるのか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 全国制覇8度を誇る大阪桐蔭の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第4回 滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!【滋賀の高校野球】
第1045回 アイツは真ん中に構えるだけでいい。剛腕・赤塚健利の持ち味を引き出した藤田健斗の操縦術【後編】 【2019年インタビュー】
第1042回 規格外のスケールを誇る剛腕・赤塚 健利(中京学院大中京)の能力を引き出した「2つの教え」【前編】 【2019年インタビュー】
第1012回 いずれは憧れの先輩遊撃手に負けない選手へ 指導者が認める野球センスの塊・常世田翔太(銚子商) 【2019年インタビュー】
第971回 夏は誰もが絶賛する投球を見せる!全国クラスのポテンシャルを秘める144キロ左腕・石澤大和(網走南ヶ丘) 【2019年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
石澤 大和(網走南ヶ丘) 【選手名鑑】
重吉 翼(日本航空石川) 【選手名鑑】
林 優樹(近江) 【選手名鑑】
横山 陸人(専大松戸) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム