第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】2019年10月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]ドラフト上位投手となるのはこの6名だ!
[2]上位候補の投手に負けない!プロでブレイクする可能性を持った右投手たち

 10月17日に控えたドラフト2019。今年のドラフト候補と呼ばれる高校生投手は、近年稀に見るハイレベルな陣容となった。
 まずは、上位候補となる6名の顔ぶれを改めて紹介したい。

ドラフト上位投手となるのはこの6名だ!



注目される佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)

佐々木 朗希大船渡・右投げ)
奥川 恭伸星稜・右投げ)
西 純矢創志学園・右投げ)
鈴木 寛人霞ヶ浦・右投げ)
及川 雅貴横浜・左投げ)
宮城 大弥興南・左投げ)

 まず、佐々木と奥川。この2人は、間違いなく1位指名されるだろう。最速163キロ右腕の佐々木 朗希大船渡)は素材型と呼ばれるが、高速フォークを織り交ぜた投球は完成度が高く、1年目から一軍登板の可能性は高い。

 奥川 恭伸星稜)もまた、常時150キロ超の速球、縦横のスライダー、カーブ、高速フォークといずれも精度が抜群。近年、高校生でも150キロ超えの投手が多くなったが、奥川は打者の力量だけでなく、試合状況を見て、ピッチングを構成できること。これができる高校生はなかなかいない。多くのプロ野球解説者が、「怪我さえなければ即戦力」と評するのはそれができるからであり、よほどのことがなければ、一軍で投げる可能性は高い。

 その2人に続くのが西 純矢創志学園)。最速154キロを誇るストレートは、好調時では奥川より上回るものがあり、夏の大会が終わってから変化球の精度が上がった。130キロ中盤のチェンジアップ、130キロ後半のフォークボールの精度も高く、完投能力もある。将来の先発ローテーション候補として人気株になる。

 また、霞ヶ浦鈴木 寛人も面白い。甲子園では初戦で、履正社打線に打たれてしまったが、好調時はフォームのバランスもよく、140キロ後半のストレートは角度があり、縦に鋭いスライダーも投げられる。

 今年のナンバーワン左腕は、間違いなく、宮城 大弥興南)だろう。140キロ後半の速球、130キロ前半のスライダー、落差抜群のチェンジアップの精度も素晴らしく、天候不良や味方のエラーがあっても動じずに投げることができる精神力の強さが魅力。

 及川 雅貴横浜)は夏の神奈川大会準々決勝で敗退。この1年で思うような実績を残せず、苦しんだが、トータルで見ると、良い時は140キロ後半の速球に加え、130キロ近いスライダー、110キロ前後のカーブが上手く決まる。及川の素質を開花させることができる球団に巡り合うことができれば、さらにレベルアップするだろう。

【次のページ】 上位候補の投手に負けない!プロでブレイクする可能性を持った右投手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs都立千歳丘【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
具志川商vs興南【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
星稜vs富山商【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
興南vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
専大松戸vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第1016回 復活の兆しを見せた専大松戸、躍進を見せ、ベスト4入りを果たした八千代松陰、市立船橋を総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは木更津総合か?専大松戸か?決勝戦の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
青森山田 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム