第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!2019年10月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]春先までの高評価が急降下した最後の夏
[2]100%の完成度を求めないパ・リーグが獲得すると予想

 10月17日に行われる2019年プロ野球ドラフト会議。星稜奥川 恭伸や明治大・森下 暢仁らと並び、今年のドラフトの目玉の一人として注目されてるのが大船渡佐々木 朗希だ。最速163キロの未完の大器の交渉権を獲得するのはどの球団なのか。

春先までの高評価が急降下した最後の夏



佐々木朗希(大船渡)

 ストレートが高校野球史上最速の163キロを計測した佐々木 朗希大船渡)が10月2日、プロ志望届を提出した。U-18の代表合宿の紅白戦で163キロを計測した4月6日、対戦した森 敬斗桐蔭学園)は「奥川くんも速かったが、スピードが違う」、紅林 弘太郎駿河総合)は「ほかの投手とはレベルが違う」、黒川 史陽智辯和歌山)は「自分の実力のなさを教えてくれる直球」とそれぞれコメントしている。

 3人とも今年のドラフト候補で、森は上位指名が予想されている好打者だ。そういう選手が春先に言った言葉だと、まずはしっかりと認識したい。

 夏の岩手大会4回戦の盛岡四戦では延長12回を7安打、2失点に抑え、ストレートの最速は160キロを計測した。このあたりまでの佐々木に対してマスコミは「12球団が1位で入札してもおかしくない」など高く評価したが、盛岡四戦で194球投げたことで、監督が肩・ヒジの故障を心配したのだろう、準々決勝を欠場し、準決勝の一関工戦は先発して完封(129球)するが、翌日の決勝、花巻東戦を欠場したあたりからネガティブな評判が目立ち始めた。

 侍ジャパンの壮行試合、高校日本代表対大学日本代表戦では高校日本代表の先発マウンドに立ち、宇草 孔基(法政大4年)を152キロのストレートでレフトフライ、小川 龍成(国学院大3年)をフォークボールで空振りの三振、柳町 達(慶応大4年)を152キロのストレートで空振りの三振に取り、このイニングの最高球速は小川に投じた3球目の156キロだった。ちなみに、宇草と柳町は今ドラフトの指名候補である。

 試合前には2、3イニング投げると言われていたが1回を投げ終わって降板、期待感が大きかっただけに「あれ?」と思ったのも確か。韓国で行われたU―18ベースボールワールドカップでは奥川 恭伸星稜)と並んでエース級の働きが期待されたが、オープニングラウンドの5試合には登板せず、スーパーラウンドの韓国戦でようやく先発して、1イニング投げただけで降板、ここから評価は急降下した。

【次のページ】 100%の完成度を求めないパ・リーグが獲得すると予想

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
早稲田実業vs中大杉並【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
広島新庄vs天理【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
田中 正義(創価) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
一関工 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
熊野 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
山陽 【高校別データ】
沼南 【高校別データ】
大門 【高校別データ】
大和 【高校別データ】
沼田 【高校別データ】
広島市工 【高校別データ】
広島工 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
広島 【高校別データ】
広島工大高 【高校別データ】
広島商 【高校別データ】
広島中等 【高校別データ】
広島中等・賀茂北 【高校別データ】
府中 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
三原 【高校別データ】
盛岡四 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム