第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間2019年10月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全国優勝投手として星稜に入学
[2]2年春から4季連続甲子園出場の立役者に/U-18で見せた圧倒的な投球をプロの世界で

 10月17日に行われる2019年プロ野球ドラフト会議。今年一番の目玉は何と言ってもこの男だろう。最速154キロの直球を投じながら、変化球、コントロールも一級品。今夏の甲子園では惜しくも準優勝に終わるも、U-18では圧巻の投球を見せた、星稜奥川 恭伸だ。

 大船渡佐々木 朗希と並び、いったい何球団がこの男に競合するのか注目が集まるが、ドラフト前に、奥川の3年間の歩みを振り返ろう。

全国優勝投手として星稜に入学



奥川恭伸(星稜)

 かほく市立宇ノ気中時代は軟式野球部で活躍していた奥川。中学3年夏の全国中学校野球体育大会(通称"全中")では、見事優勝を果たした。今でこそ名実ともに世代トップとして誰もが認める投手になったが、中学生時代から「試合の流れとか大丈夫な回と危ない雰囲気の回の配分。ピンチの時にしっかり投げられるように配分を考えてやっていました。速い球とかすごい変化球とかじゃなくて試合全体を考えて勝てるピッチャーを目指していたんです」というのだから、当時から一歩先を行く投手だったことが分かる。

 全中優勝を手土産に、小・中とバッテリーを組んでいた山瀬慎之助とともに、名門・星稜の門を叩いた奥川は早々に頭角を現す。1年夏の石川大会で登板を果たすと、秋には故障した1年先輩の竹谷 理央に代わって主戦格に。秋季石川大会を制すると、秋季北信越大会でも準優勝を果たし、翌春の選抜切符を掴んだ。

【次のページ】 2年春から4季連続甲子園出場の立役者に/U-18で見せた圧倒的な投球をプロの世界で

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
安樂智大(済美)
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
山瀬 慎之助(星稜) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム