第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト2019年09月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]過去10年間で競合した高卒ドラ1選手たち
[2]各球団の競合回数

 いよいよあと1ヵ月と迫ってきたプロ野球ドラフト会議。今年は奥川 恭伸星稜)や佐々木 朗希大船渡)らに何球団が競合するかが注目されているが、ここで過去の高卒ドラフト1位選手への競合を振り返りたい。

過去10年間で競合した高卒ドラ1選手たち



過去10年で最多の7球団指名を受けた清宮幸太郎

2009年
花巻東菊池 雄星 6球団(西武・阪神・ヤクルト・楽天・中日・日本ハム)

2010年
履正社山田 哲人 2球団(ヤクルト・オリックス)※外れ1位

2011年
東海大甲府高橋 周平 3球団(中日・オリックス・ヤクルト)
英明松本 竜也 2球団(巨人・横浜)※外れ1位

2012年
大阪桐蔭藤浪 晋太郎 4球団(阪神・オリックス・ロッテ・ヤクルト
東福岡森 雄大 2球団(楽天・広島)

2013年
桐光学園松井 裕樹 5球団(楽天・ソフトバンク・日本ハム・DeNA・中日)

2014年
済美安樂 智大 2球団(楽天・ヤクルト)

2015年
県立岐阜商高橋 純平 3球団(ソフトバンク・中日・日本ハム)
仙台育英平沢 大河 2球団(ロッテ・楽天)
東海大相模小笠原 慎之介 2球団(中日・日本ハム)※外れ1位

2016年
高卒1位競合なし
横浜藤平 尚真履正社寺島 成輝作新学院今井 達也らが単独指名。

2017年
早稲田実業清宮 幸太郎 7球団(日本ハム・楽天・ヤクルト・ロッテ・ソフトバンク・巨人・阪神)
広陵中村 奨成 2球団(広島・中日)
九州学院村上 宗隆 3球団(ヤクルト・楽天・巨人)※外れ1位
履正社安田 尚憲 3球団(ロッテ・ソフトバンク・阪神)※外れ1位

2018年
報徳学園小園 海斗 4球団(広島・ソフトバンク・DeNA・オリックス)
大阪桐蔭根尾 昂 4球団(中日・ヤクルト・巨人・日本ハム)
大阪桐蔭藤原 恭大 3球団(ロッテ・阪神・楽天)

 この10年間の傾向として、投手中心に毎年1,2名の競合がアベレージと言えそうだ。しかし、2015年の平沢を皮切りに、2017年の4名、2018年の3名は全て野手となっている。これは単純に高卒野手にハイレベルな選手がいたということもあるが、各球団がスター候補の野手を獲得したいという思惑もあるだろう。

 2010年(早大・斎藤 佑樹大石 達也など、1巡目入札は全12球団が大卒投手)や、2016年(創価大・田中 正義に5球団、外れ1位で桜美林大・佐々木 千隼に5球団)などのように、大卒投手に人気が集中した年は、高校生への競合は少なくなっている。

 今年の高卒に目を当てると、投手では奥川、佐々木を始め、U-18で評価を挙げた創志学園西 純矢興南宮城 大弥らが食い込んでくる可能性もある。奥川、佐々木に何球団が競合するのかが大きな注目となっているが、果たして。

 野手では東邦石川 昂弥が一躍1位候補に名乗りを挙げた形だ。近年のトレンドにもなりつつある高卒野手でもあるだけに、数球団が競合してもおかしくない状況だ。

【次のページ】 各球団の競合回数

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
横浜vs戸塚【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第119回 今年初の公式戦を飾った早稲田実業は全国レベルのチーム!清宮弟など主力選手を徹底紹介!【高校野球コラム】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1022回 タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
英明 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
九州学院 【高校別データ】
県立岐阜商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム