第215回 【逸材レポート】米山魁乙(昌平)「まだ底が見えない埼玉ナンバーワンサウスポー」2019年07月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

米山魁乙(昌平)

 プロのスカウトから高い注目を浴びる米山。魅力は何か?と聞かれたら、球速表示以上を感じさせるストレートだろう。投げる試合のほとんどが常時130キロ後半。145キロを投げる左腕ではない。それでも唸りをあげるようなストレートは健在だった。坂戸戦の7回表に登板した米山。いきなり三振に打ち取る。この試合、120キロ台のスライダーは2,3球のみ。それ以外は直球という一本勝負だった。

 坂戸の打者はストレートと分っていて振りに行く。それでも打者は振り遅れのファールや内野ゴロが精いっぱい。そして9回表にはギアを上げて、140キロを5球計測。最後の打者も当てただけの右飛。圧巻の3回4奪三振のピッチングで、ベスト16進出を決めた。

 春と比べると、140キロを超えることが多くなり、着実にレベルアップしている様子が見られる。また130キロ後半で微妙にカット気味に動くストレートも見られた。これが右打者の内角にうまくスライドしていくので、‍厄介な球種だ。

 米山の投球は相手チームごとに配球パターンを変える。直球で押すこともあれば、変化球をしっかりと混ぜることもある。ここまで見せる米山はどちらかというと、直球で押すことが多い。まだ底が見えないのだ。

 果たして、春日部共栄花咲徳栄と対戦した時、どんな投球を見せるのか。

 その対戦が実現した時、米山の真価が問われるといっていいだろう。


文=河嶋 宗一

【 試合展開はこちら 】

関連記事はこちらから
◆大会日程・応援メッセージ【試合経過】八千代松陰vs専大松戸
まさかの敗退、専大松戸。卒業生の現役プロ・原嵩や上沢らの最後の夏を振り返る
千葉大会展望 令和最初の戦国千葉を制するのは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1272回 通算40本塁打スラッガー・吉野創士(昌平) 新フォームがハマった県大会とハイレベルな投手との戦いで見つけた新たな課題 【2020年インタビュー】
花咲徳栄vs東日本国際大昌平【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
昌平vs成立学園 2【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
昌平vs成立学園【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
昌平vs細田学園【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
細田学園vs大宮東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1234回 2021年世代を代表するスラッガー・吉野創士(昌平)。高校通算26本塁打を呼び込んだ「股関節の使い方」 【2020年インタビュー】
第1234回 強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術 【2020年インタビュー】
第1234回 中学通算1本塁打だった吉野哲平(昌平)が高校通算28本塁打を積み重ねるまで 【2020年インタビュー】
第1234回 高校通算47本塁打の渡邉翔大(昌平)は確かな打撃理論を持ったスラッガーだ 【2020年インタビュー】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
米山 魁乙(昌平) 【選手名鑑】
昌平 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム