第214回 【逸材レポート】佐々木朗希(大船渡)平均球速が初戦から5キロアップ!ノーヒットノーランのピッチングを徹底分析!2019年07月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 3回戦の一戸戦で6回13奪三振、無安打無得点を記録し、まるで現代に生きる江川 卓のような投球を見せる佐々木 朗希。今回も球種別で、投球を振り返っていこう。

【 試合展開はこちら 】

まさに制圧という表現がぴったりの投球



佐々木朗希(大船渡)

■ストレート 最速155キロ 150キロ以上 14球 平均球速147.98キロ
 この日は1人目の打者から明らかにギアが入っていると思わせる投球だった。一戸の1番西野に対して、151キロのストレートで空振り三振。初戦では見せなかった150キロ越えのストレートを見せてくれたのである。その後も唸るような150キロ台のストレートを投げ込む。

 2回表、二死から6番柏葉に対して、外角高めに決まる最速155キロのストレートは思わずうならされるものだった。その後も150キロ前半のストレートを投げ込み、次々と空振りを奪う佐々木。平均球速は初戦の142.5キロから5キロも速い147.98キロなのだから、明らかにレベルが違う。おそらく一戸は速球対策をしていたと思うが、球速に加えて空振りが奪える球質を持った佐々木がギアを上げると、手の打ちようがない。実際にストレートは当てるのが精いっぱい。前に飛ぶだけでも歓声が起きるほどだった。

 速いだけではなく、コントロールも大きく乱れる様子はない。アウトローに決まるストレートは見事の一言だ。

■フォーク
 この試合ではフォークも解禁。次々と空振りを奪った。縦スライダーと違い球速もあり、鋭角に落ちる。

■スライダー 
 130キロを超えるスライダーは大きく曲がる。スライダーは精度に差があり、打者の手元で膨らみが小さく曲がることがあれば、曲がり始めが早く、捉えられることがあった。スライダーのコントロールは次戦までの修正を期待したいところ。

■縦スライダー
 縦スライダーの精度も抜群。前半ばらつきはあったが、回を追うごとに精度が増していた。

【総括】
 前半、制球にばらつきがあり、ボール先行になることが多かった。しかし回を追うごとに精度が増し、ストライク先行のピッチングを展開し、まさに制圧という表現がぴったりの投球だった。

 次の4回戦の盛岡四戦は雨で延びて、21日となった。佐々木にとっては恵みの雨だろう。さらなる快投を期待したい。

文=河嶋 宗一

【 試合展開はこちら 】

関連記事はこちらから
◆大会日程・応援メッセージ 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会
【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ
【逸材レポート】佐々木朗希の初戦ピッチングを球種別に徹底分析!
花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第229回 佐々木朗希はプロでどこまで通用するのか、大谷と徹底比較!【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
盛岡大付vs大船渡東【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
大船渡 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム