第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!2019年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]急成長する宮城大弥、飯島一徹

[2]まだまだいるぞ!注目投手!

 7月6日、全国各地で夏の大会がスタートする。今回は夏前に備えて、ドラフト徹底特集!3年生から1年生までの逸材を紹介していく。まず逸材投手が揃う3年生投手を紹介したい。

 ~BIG5特集~も併せて読む!
6月12日(水)昼12時配信…井上広輝(日大三)は男気溢れる豪腕だ!背負える大エースへ!
6月13日(木)昼12時配信…西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを
6月14日(金)昼12時配信…及川雅貴(横浜)復活・覚醒をかけたモデルチェンジ
6月15日(土)昼12時配信…奥川恭伸(星稜)高校生レベルを超越したテクニシャンピッチャー
6月16日(日)昼12時配信…佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ

急成長する宮城大弥、飯島一徹



急浮上してきた宮城大弥投手(興南)

■注目投手リスト その1
特A 佐々木 朗希大船渡
特A 奥川 恭伸星稜
A 井上 広輝日大三
A 及川 雅貴横浜
A 西 純矢創志学園
A 宮城 大弥興南

 このリストに入った選手はほぼ上位指名を期待したい投手。佐々木は研修合宿で最速163キロを計測するなど六者空振り三振を奪う。スピードガンを測っていたスカウトから驚嘆の声が聞かれ、評価はドラフト1位で固まった雰囲気だった。とにかく佐々木は怪我することなく、蓄積疲労を残すことなく、ドラフトを迎えることができるか。

 奥川はピッチングのレベルが桁違い。全国トップクラスの強力打線・東海大相模に対し、高速フォークを投げず、ストレートと縦スライダーのコンビネーションで12三振を奪ったピッチングは圧巻。夏へ向けて強度を挙げていければいい投手だろう。

 井上は春の都大会で140キロ後半を計測するなど仕上がりはまずまず。夏の大会では強豪校相手のピッチングで見極めをしていきたい。

 及川はフォームを修正し、センバツの不調から脱しつつある。香川遠征では145キロ以上を何度も計測するなど勢いを取り戻しつつある。

 西はどの試合でも145,6キロを計測しているが、まだ出力は抑え気味。本領発揮は夏になるだろう。

 宮城はこの春で大きく評価をあげた。九州大会の神村学園戦では平均球速7イニングで141.83キロを計測。九州大会では自己最速の148キロを計測するなど、26イニングで41奪三振の快投を披露。投げる直前に縦横のスライダーを投げ分ける器用なピッチングで評価を大きく上げている。変化球の種類も多く、引き出しも多さも考えれば、上位候補に上がっていてもおかしくない投手だ。



ツーシームが最大の武器である飯島一徹投手(東農大三)

■注目投手リスト その2
BA 飯島 一徹東農大三
BA 横山 陸人専大松戸
BA 鈴木 寛人霞ヶ浦
BA 岩本 大地石岡一
BA 岡林 勇希菰野
BA 飯塚 脩人習志野
BA 落合 秀市和歌山東
BA 浅田 将汰有明
BA 大畑 蓮明豊)

 センバツ、春の大会で急速に評価を挙げている投手。飯島は県大会の花咲徳栄戦で5失点完投。9回まで140キロ台を計測し、切れ味鋭いツーシーム、スライダーを投げ分ける投球は絶品だった。また、横山も右サイドから140キロ前半の速球と切れ味鋭いスライダーを投げ分ける投球は安定感抜群。鈴木は好調時のストレートは絶品。激戦区の茨城を勝ち抜くことはできるか。

 岩本は上背がそれほどあるわけではないが、140キロ前半のストレートは回転数抜群。さらにシンカー気味に落ちるチェンジアップ、切れ味鋭いスライダーと、ピッチングのクオリティは今年の高校生でもトップクラス。近年は170センチ前半でも、それを補うクオリティがあれば指名される傾向となっているが、岩本もその可能性を秘めた投手だろう。

 岡林は東海大会のピッチングは140キロ後半の速球は威力抜群でスライダーの切れも素晴らしい。1年1年、ピッチングの精度が高まっており、スキがなくなってきた。飯塚はロングリリーフでも平均球速140キロ台を計測。フォームが横回転で速球派のスライダー投手といえば、柿木 蓮大阪桐蔭-北海道日本ハム)を思い出すが柿木よりの同時期よりもストレートの勢いはある。さらに評価を高めることができるか。

 落合はこの春から急速的に評価を高めている。横回転気味のフォームから繰り出す140キロ後半のストレートは威力抜群。ただ強豪校と対戦すると失点が多いのが懸念材料。それを補うほどの素材であり、夏では激戦区・和歌山を勝ち抜く投球術を身につけることができるか。

 浅田は春の九州予選でも1安打19奪三振の快投。先発でも145キロ前後の速球を投げ込んでおり、評価を高めている。

 大畑は体の使い方が抜群によく、縦回転で投げ込む140キロ前半のストレートは絶品。大きな欠点がないので、数年後には140キロ後半~150キロ前半のストレートで空振りを奪う姿が想像できる榊原 翼タイプ(オリックス)。

【次のページ】 まだまだいるぞ!注目投手!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
東海大札幌キャンパスvs大阪商大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第10回 明豊高等学校(大分・九州沖縄地区代表)「今年の九州地区大本命!最強打撃陣&潜在能力が高い投手陣をかみ合わせて頂点を狙う」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1074回 鮮烈デビューから1年。埼玉を代表するスラッガー・渡邉 翔大(昌平)が目指す道【前編】 【2019年インタビュー】
第1075回 ホームランだけではなく、勝利のために局面に応じた打撃を 渡邉 翔大(昌平)【後編】 【2019年インタビュー】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
飯塚 脩人(習志野) 【選手名鑑】
石澤 大和(網走南ヶ丘) 【選手名鑑】
井上 広輝(日大三) 【選手名鑑】
岩田 永遠(北海) 【選手名鑑】
岩本 大地(石岡一) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
小林 珠維(東海大札幌) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
鈴木 寛人(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
仲亀 烈太(都立文京) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
廣澤 優(日大三) 【選手名鑑】
福浦 太陽(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
村田 賢一(春日部共栄) 【選手名鑑】
渡邉 倫太朗(三浦学苑) 【選手名鑑】
青森山田 【高校別データ】
網走南ヶ丘 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
小樽未創 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
学法石川 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
熊谷商 【高校別データ】
工学院大附 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
小金 【高校別データ】
小牧南 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
知徳 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
東海大札幌 【高校別データ】
東農大三 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
常葉橘 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
西尾東 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立文京 【高校別データ】
羽黒 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
東日本国際大昌平 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
前橋商 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
和歌山東 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム