第206回 奥川恭伸、さらなるステップアップへ。全国トップクラス・東海大相模打線と対戦して学んだこと2019年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]あの東海大相模のクリーンナップを封じ込む奥川の凄さ

[2]場面に応じて併殺も打ち取れるピッチングを

 今年の高校生を代表する豪腕・奥川 恭伸星稜)。自身4度目の甲子園出場を目指して、調整を続けている。6月23日、楽しみな対決が訪れた。強打で関東の頂点に立った東海大相模相手に先発したのであった。その対決を聞きつけ、多くのギャラリーが集まった。そんな奥川はどんなピッチングを魅せたのか?東海大相模戦のピッチングを振り返っていきたい。

<試合レポート>

あの東海大相模のクリーンナップを封じ込む奥川の凄さ



奥川恭伸(星稜)

 「22日の山梨学院戦では立ち上がりに課題がありましたので、この試合では立ち上がりからしっかりと投げることを意識しました」

 奥川からストライク先行のピッチング。まず1番でドラフト候補として期待される遠藤 成を追い込んでから、122キロの縦スライダーで空振り三振。2番・井上 恵輔も縦スライダーであっさりと三振。3番・鵜沼 魁斗に対してはこの日、最速の148キロのストレートで見逃し三振。東海大相模の中心打者である3人に対し、あっさりと打ち取った。

 そして2回表、4番・西川 僚祐も縦スライダーで空振り三振。この4人から連続で三振を打ち取った価値は大きい。遠藤 成は高校通算40本塁打のスラッガー、井上は公式戦で7本塁打を誇る強打の捕手、鵜沼は関東大会で打率5割の巧打者、西川は高校通算38本塁打を誇る大型スラッガー。その4人が手も足も出ない形で三振も打ち取られたのはあまり見たことがない。序盤のピッチングだけでもインパクト十分だった。

 打席に立った西川は「本当に凄い投手でした。前日に上武大学さんとオープン戦をやらせていただいたのですが、大学生の投手よりも奥川さんの投球はすごかったです」

 奥川の凄さを実感していた。奥川はがむしゃらに三振に狙いにいくのではない。100キロ台のカーブを織り交ぜたり、ストレートのスピードを140キロ前半に抑えて、打たせて取る投球ができていた。なんと4回までパーフェクト。5回裏、西川を失策で出塁させ、牽制悪送球で1点を失ったが、ノーヒットワンランを続けていた。

 しかし6回裏、1番遠藤に初安打を浴び、2番井上を一邪飛に打ち取り、二死まで追い込み、3番・鵜沼は縦スライダーで空振り三振に打ち取ったが、パスボールとなり、振り逃げ。そして4番西川 僚祐に対して追い込んだが、最速146キロのストレートを打たれ、同点の2点適時二塁打を浴びてしまう。

 さらに5番本間 巧真には143キロのストレートを打たれ、左前適時打。さらにベースカバーのミスなどもあり、本間も生還し、5失点となった。それでも奥川のピッチングは勢いが落ちることはなく、8回でも145キロを計測。ストレートを計測した42球中、41球が140キロ超えで、平均球速は143.57キロと、まるでプロの先発投手のような数字である。

【次のページ】 場面に応じて併殺も打ち取れるピッチングを

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第57回 エポックメイク・星稜!昭和~平成と劇的な敗退を重ねてきた星稜が令和最初の夏に生むストーリーは?【101回大会特集】
第56回 戦術的な変化も垣間見えた2年目のタイブレーク甲子園【101回大会特集】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第54回 ベスト4で唯一、完投なし。なぜ中京学院大中京は3人以上の継投をするチームになったのか?【101回大会特集】
第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第52回 新星スラッガー・今井秀輔(星稜)が誕生!今井の覚醒はここから始まる【101回大会特集】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs立命館宇治【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs旭川大高【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1024回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1001回 愛媛から単身・生光学園中に進んだ「大型選手」 髙橋友(生光学園ヤング) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム