第202回 【BIG5特集】西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを2019年06月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]衝撃の甲子園デビュー

[2]常に勝てるピッチングを

 2019年度の高校生投手『BIG5』はズバリこの選手だ!
佐々木 朗希大船渡
奥川 恭伸星稜
西 純矢創志学園
及川 雅貴横浜
井上 広輝日大三

 高校野球ドットコムでは、2019年度のBIG5ピッチャーたちの大会直前の仕上がり状況や、夏に向けての歩みを5日間連続でレポート!
第二弾は、西 純矢創志学園)だ!昨年、甲子園を熱狂させた西は、今夏はどんなピッチングを見せてくれるだろうか。

衝撃の甲子園デビュー



西純矢(創志学園)

 1年生のときから145キロ前後の速球を投げ込み話題となっていた西。2年夏にじっくりと見た時、実にテクニカルなピッチャーだと感じた。

 尊敬する前田 健太のような投球フォームから常時140キロ前半〜145キロの速球は伸びがあり、さらに120キロ後半の縦スライダーは対戦した打者いわく「視界から消えます」と表現するほどの切れ味。甲子園デビューとなった創成館戦では無四球完封勝利。速球と変化球のコンビネーションが抜群によかった。さらにピッチングとともにガッツポーズも話題となった。

常に勝てるピッチングを



西純矢(創志学園)

 秋も春のピッチングをみても、やはり今年の世代の中でもずば抜けた投手だと感じさせたが、ただこの春の西はあまり出力を出していない。春先の練習試合では140キロ後半の速球を投げ込んでいたが、研修合宿では、146キロ。その後の招待試合でも145キロ程度なので、あまり出力を出すことなく、ピッチングを続けてきた。

 本人は制球力重視のピッチングをしようと心がけて、ただ全力投球で投げていた2年生の頃と比べるとだいぶ落ち着きが出たように感じる。

 制球力重視のピッチングをして、常時140キロ前半・145キロを叩き出せるところに昨年からの進化が感じられるのではないだろうか。

 西に求められるのは、瞬間的にすごい投球ではなく、いつでも勝てる投球ができること。ストレートが走っていなくても、相手打者の弱点を突いて、最低限のピッチングを見せること。

 夏になれば、3年前の先輩である髙田 萌生(現・巨人)のように150キロ台の速球も期待できるが、そうではなく、今のピッチングスタイルをベースにして、さらにブラッシュアップを期待した投球を期待したい。

 創志学園は秋は3位からの出場。秋では結構打ち込まれた試合もあったように、今年の岡山は好投手を攻略する打力を持ったチームが多い。その厳しいマークを乗り越え、再び夏の聖地に戻ることができるか注目していきたい。

文=河嶋 宗一

 ~BIG5特集~
6月12日(水)昼12時配信…井上広輝(日大三)は男気溢れる豪腕だ!背負える大エースへ!
6月13日(木)昼12時配信…西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを
6月14日(金)昼12時配信…及川雅貴(横浜)復活・覚醒をかけたモデルチェンジ
6月15日(土)昼12時配信…奥川恭伸(星稜)高校生レベルを超越したテクニシャンピッチャー
6月16日(日)昼12時配信…佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第45回 史上最強投手陣の運用ができなかった日本代表。他国と比べれば一目瞭然【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1045回 野茂直伝のフォークでアメリカ打線を圧倒した西純矢(創志学園)!スーパー野球選手を世界の舞台でも実践! 【2019年インタビュー】
第29回 2年ぶりの日米対決!アメリカ戦のキーマン、勝負のポイント、警戒しなければならない選手は?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第24回 本日、ワールドカップが開幕!スペイン戦へ向けて選手たちの意気込みは?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第17回 強烈な負けず嫌いの奥川の恋女房・山瀬慎之助(星稜)。自慢の強肩とキャッチングで勝利に導く!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
倉敷商vs創志学園【岡山県 2019夏の大会 第101回岡山大会】
第1012回 いずれは憧れの先輩遊撃手に負けない選手へ 指導者が認める野球センスの塊・常世田翔太(銚子商) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第998回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
横浜vs弥栄【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
日大三vs都立文京【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
横浜vsコザ【2019年 練習試合(交流試合)・春】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
井上 広輝(日大三) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
髙田 萌生(創志学園) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
創志学園 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム