第196回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【前編】2019年03月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【目次】
[1]1994年世代/1995年世代
[2]1996年世代/1997年世代

 近年の野球界は若手のスターが球界を席巻しつつある。その発端は大谷 翔平だと思う。高卒2年目で10勝・10本塁打を放ち、そのまま超一流の階段を上っていったように、大谷に続くように、1995年世代以降の選手たちが球界を席巻しつつある。

 現在の若い選手はNPBに入っても、高卒初年度からそれなりのパフォーマンスが出来る選手が多いのだ。2020年以降、野球界のレベルをさらにレベルアップさせるであろう1994年世代以降のトップレベルの選手を紹介したい。

全米を震撼させた大谷を筆頭にスターが多い1994年世代(1994年4月2日~1995年4月1日生まれ)



94年世代を代表する選手たち(左から藤浪晋太郎、大谷翔平、鈴木誠也選手)

 この世代のトップといえば、大谷 翔平(1994年7月5日生まれ)だろう。NPB時代は2014年、NPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」を達成。2015年には最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手タイトルを獲得。2016年には10勝、22本塁打を放ち、優勝に貢献。そして2018年にはエンゼルスで4勝、打率.285、22本塁打と投打で活躍し、アメリカンリーグの新人王に輝いている。

 また、1994年世代の選手でポテンシャルならば大谷にひけをとらない阪神・藤浪 晋太郎(1994年4月12日)は苦戦が続いている。高卒3年目まで3年連続二けた勝利を挙げたまでは良かったが、投球フォームが固まらず苦しんでいる。現在は腕を下げたフォームにしているが、それがはまるか。

 また1994年世代の野手トップは鈴木 誠也(1994年8月18日生まれ)、入団4年目の2016年から大ブレイクを果たし、3年連続で25本塁打以上。このままMLBにいかず、30歳を迎えた時点で、250本塁打~300本塁打を打つ可能性を秘めた選手ではないだろうか。

 他では昨年、パ・リーグ新人王の田中 和基(1994年8月8日)、千葉ロッテの正捕手・田村 龍弘(1994年5月13日)、中日ドラゴンズのショートストップ・京田 陽太(1994年4月20日生まれ)、2017年新人王左腕・濱口 遥大(1995年3月16日生まれ)、天才的なバットコントロールを見せる西川 龍馬(1994年12月10日生まれ)、オリックスの速球派リリーバー・黒木 優太(1994年8月16日生まれ)など多くの選手が成長を見せている。

 ちなみにこの世代、野球界だけではなく、五輪2大会連覇のフィギュアスケーターの羽生結弦選手や、エンタメ界では先月、卒業した乃木坂46の西野七瀬さんなどお茶の間で人気なタレント・アイドルが多いのも特徴である。

小さくてもテクニック、パワー、メンタルの強さを秘めた1995年世代(1995年4月2日~1996年4月1日生まれ)



左:松井裕樹投手 右:森友哉選手

 この世代でトップを走るのは投手ならば松井 裕樹(1995年10月30日)、野手ならば森 友哉(1995年8月8日生まれ)だろう。2人ともプロ野球選手の中ではそれほど体が大きい選手ではなく、松井は174センチ74キロならば、森は170センチ80キロなのだが、テクニック、パワー、メンタルの強さが群を抜いている。

 松井は高卒1年目では先発を中心に27試合に登板。2年目からクローザーに転向し、現在は101セーブ。森は高卒1年目から6本塁打を放ち、昨年は打率.275、16本塁打、80打点と打撃では活躍を見せ、課題の守備面でもフレーミング技術が格段に磨かれ、打てる捕手として成長を見せている。

 この世代、小柄な好投手が多く、今年オリックスの開幕投手を任される山岡 泰輔投手(1995年9月22日生まれ)、2017年に13勝を挙げた田口 麗斗(1995年9月14日生まれ)、昨季、11勝を挙げ、新人王を獲得した東 克樹(1995年11月29日生まれ)も170センチ78キロと投手として小柄だ。決して大きくなくてもプロの勝負でも証明してくれた世代だと思う。

 上記3人以外では、昨季22本塁打を放った福岡ソフトバンクが誇るアスリート型外野手・上林 誠知(1995年8月1日生まれ)、昨季12本塁打を放った東北楽天の若きスラッガー・内田 靖人(1995年5月30日生まれ)など少しずつ台頭を見せている。

【次のページ】 1996年世代/1997年世代

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第229回 佐々木朗希はプロでどこまで通用するのか、大谷と徹底比較!【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs侍ジャパン大学代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1003回 「大谷2世」の言葉はまだ使わない 無限の可能性を秘めた山崎隆之介(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 東京大相手に20奪三振の圧巻劇!明治大エース・森下暢仁は熱さの中に冷静さを持ち合わせていた 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパン大学代表vs侍ジャパンU-18代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
前橋育英vs日章学園【2014年 練習試合(交流試合)】
前橋育英vs日南学園【2014年 練習試合(交流試合)】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
森下 暢仁(大分商) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム