第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち2018年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

今回のドラフトから惜しくも漏れてしまった選手たち



米倉貫太(埼玉栄)

 10月25日に都内で開催された「2018年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」。育成枠を含めて12球団で計104名されたが、有力選手も指名漏れとなっている。右投手では米倉 貫太(埼玉栄)、左投手では矢澤 宏太(藤嶺藤沢)が筆頭だろう。米倉はダルビッシュ 有投手を育てた若生監督の下で、大きく育った選手だった。しかし最後の夏で4回戦敗退。夏でアピールできなかったことが指名漏れの要因になったかもしれない。それでも潜在能力、フォームの土台の良さは高く評価された選手。想像以上にプロの評価はシビアだった。高卒プロ志向の選手は最後の夏でどれだけアピールできるかというのはとても大事だといえる。

 米倉はどういう進路をたどるのか。インタビュー取材でピッチング練習を見た時はスピンがかかったストレートは多大な可能性を感じさせた。次は社会人チームに進む予定の米倉。そのチームの投手コーチを取材したことがあるが、指摘は辛らつだが、指導は確かな方なので、ぜひ大化けしてほしい。米倉は指導者に恵まれている選手である。

 矢澤は躍動感あふれる投球フォームから140キロ中盤の速球、スライダーを武器にする本格派左腕。ただ、矢澤の場合、好不調の波は激しく、最後の夏も大荒れのピッチングだった。それでも、今年の高校生左腕の中でも力強い速球を投げる投手。文句付けないようのない投手に成長して最上位に指名される投手となってほしい。

 また甲子園のピッチングで自信をつけてプロ志望届を出した鶴田 克樹(下関国際)も指名漏れ。ただ140キロ中盤の速球、高速スライダー、フォークを投げ分け打たせて取る投球はハイレベル。大学、社会人に進んでも十分に活躍できる素養を持った投手だ。

 投手では140キロ中盤の速球、フォークで勝負する細川 拓哉(明秀学園日立)、キレのある快速球を投げ込む松江 優作(れいめい)、140キロ後半の速球を投げ込む小江 光樹(朝倉)、145キロ左腕・大畑 功士郎(筑陽学園)。野手では、スローイングが優れた新保 利於(瀬戸内)、強打の遊撃手・中山 瞬(創志学園)も指名漏れした。

 残念ではあるが、本気で甲子園、プロを追う彼らに感化され応援する人が無数にもいて、同じように悔しがっている人もいる。そういう人たちを忘れず、ぜひ次のステージに向かってほしい。

 2019年度も投打に逸材が集まるが、高卒プロでいくということは想像以上にシビアな世界であると実感させた。上位指名となった選手は、やはり最後の夏でアピールできている選手が多い。

 最後の夏。どれだけのパフォーマンスができるかを注力に置いて、取り組んでほしい。


■ドラフト指名漏れ選手一覧
西舘 洸希盛岡三
中村 泰成土浦日大
細川 拓哉明秀学園日立
川崎 皇翔水戸葵陵
金子 知生新田暁
髙橋 優太尾瀬
高瀬 蒼汰前橋西
米倉 貫太埼玉栄
松岡 洸希桶川西
荘司 宏太駿台甲府
星野 健太山梨学院
濱 将乃介東海大甲府
坂内 誠治市立船橋
行木 俊横芝敬愛
相川 亮太館山総合
大比良 知哉郁文館
宮野 結希堀越
松山 真之都立四商
辻 翔也 茅ケ崎西浜
渡部 悠介相模田名
カレオン・ジョニル・マラリ武相
矢澤 宏太藤嶺藤沢
赤羽 由紘日本ウェルネス筑北
髙井 ジュリウス地球環境
小林 翔太松本国際
阿部 裕二朗北越
坂井 翔太中越
岩渕 夏夢開志学園
竹林 楓也加茂暁星
佐々木 愛輝高朋
酒井 啓佑魚津工
坂本 竜三郎鯖江
水野 喬日湖西
蘇 珀漢オイスカ
宮下 凌浜松開誠館
白石 祐人
野口 泰司栄徳
横田 龍也豊田工
伊加利 夏生岐阜第一
三浦 賢斗岐阜各務野
井野 海翔麗澤瑞浪
上下 大地津田学園
横辻 海紀南
山田 竜明近江
金城 登耶近江
藤田 希和福知山成美
池田 将也京都国際
新谷 恵右奈良情報商
田川 涼太箕島
宇佐美 真太大阪偕星学園
羽田野 温生汎愛
村上 泰士相生学院
石川 翔神戸国際大附
中山 瞬創志学園
糸賀 海翔関西
新保 利於瀬戸内
靏 仁石見智翠館
鶴田 克樹下関国際
田神 翔阿南工
髙岡 玄地新野
服部 虎鳴門渦潮
安藝 龍馬板野
岡本 布武希高知中央
大畑 功士郎筑陽学園
小江 光樹朝倉
上村 晟翔福岡工大城東
野元 由翼佐世保工
上原 敦己秀岳館
上間 永遠柳ヶ浦
中園 大樹柳ヶ浦
松田 政大柳ヶ浦
林田 昂也日章学園
角 颯真神村学園
宮脇 廉(鹿児島城西
松江 優作れいめい
國仲 祐太宜野湾
知念 侑輝中部商


注目記事
プロ野球2018ドラフト特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第573回 山梨学院 vol3「甲子園までの課題。甲子園からの課題。」【野球部訪問】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第51回 岩国商業(山口)強豪を破り中国大会出場を決めたチームが見せる「本気の声掛け!」【冬が僕らを強くする2019】
第570回 2019年の山梨学院は小倉清一郎氏の指導でどう進化していったのか?【野球部訪問】
第40回 浜松開誠館(静岡)「甲子園で勝つために団結力を高めていく!」【冬が僕らを強くする2019】
第568回 山梨学院「心身を急成長させる長崎合宿はいかにして成り立つのか?」【野球部訪問】
第899回 自信を胸に甲子園で最高のピッチングを!注目度急上昇左腕・駒井 祐亮(山梨学院) 【2019年インタビュー】
第889回 魂の投球でファンに勝利を届ける!鎌田光津希が地元・千葉を熱くする!【後編】 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
立正大vs関西国際大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
関西国際大vs創価大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
関西国際大vs中部学院大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
カレオン・ジョニル・マラリ(武相) 【選手名鑑】
相生学院 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・桶川西 【高校別データ】
朝倉 【高校別データ】
阿南工・阿南光 【高校別データ】
阿南工・新野・阿南光 【高校別データ】
石見智翠館 【高校別データ】
魚津工 【高校別データ】
栄徳 【高校別データ】
オイスカ 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
大阪偕星学園 【高校別データ】
桶川西 【高校別データ】
尾瀬 【高校別データ】
阿南工 【高校別データ】
新野 【高校別データ】
板野 【高校別データ】
開志学園 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
加茂暁星 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
紀南 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
岐阜各務野 【高校別データ】
高知中央 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
高朋 【高校別データ】
湖西 【高校別データ】
相模田名 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】
佐世保工 【高校別データ】
鯖江 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
駿台甲府 【高校別データ】
瀬戸内 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
茅ケ崎西浜 【高校別データ】
館山総合 【高校別データ】
地球環境 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
中越 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
土浦日大 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
藤嶺藤沢 【高校別データ】
豊田工 【高校別データ】
奈良情報商 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
日章学園 【高校別データ】
新田暁 【高校別データ】
日本ウェルネス筑北 【高校別データ】
汎愛 【高校別データ】
浜松開誠館 【高校別データ】
福岡工大城東 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
武相 【高校別データ】
北越 【高校別データ】
誉 【高校別データ】
前橋西 【高校別データ】
松本国際 【高校別データ】
水戸葵陵 【高校別データ】
箕島 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
盛岡三 【高校別データ】
都立四商 【高校別データ】
柳ヶ浦 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】
麗澤瑞浪 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム