第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち2018年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ドラフト候補へ成長した大谷世代の投手たち
[2]笹川、柘植、板東といった甲子園で活躍した選手も指名を待つ

 今年の大卒社会人で指名解禁を迎える選手たちは、大谷 翔平と同世代の選手である。彼らは高校時代から騒がれた選手というより、好選手で、当時ではプロに行ける実力はまだなかった。ただ大学・社会人を歩む中で、地道に実力をつけ、ドラフト候補へ化けたという選手が多い。そんな選手たちがプロへ挑もうとすることを考えると感慨深いものがある。

 今年は大谷世代、高卒で指名解禁を迎える世代やドラフト候補へ成長した甲子園のスターを紹介したい。

ドラフト候補へ成長した大谷世代の投手たち



生田目翼(日本通運)

 投手陣では、齋藤友貴哉(Honda)、生田目 翼(日本通運)、岡野 祐一郎(東芝)の3人が上位候補として注目されるが、共通点としてあるのは、3人とも高校時代は、ドラフト候補と呼ばれるようなポテンシャルはまだ持ち合わせておらず、長い時間をかけてドラフト候補へ化けた選手たちである。

 齋藤は山形中央時代、控え投手に終わり、最速139キロ程度だったが、桐蔭横浜大では4年かけて大きく成長。そしてHondaでの2年間は筑川利希也コーチから厳しい指導を受け、最速153キロ右腕に。今年はエースとして都市対抗第一代表決定戦で好投を見せ、都市対抗出場に導いた大型右腕だ。まだ粗削りだが、150キロ前後の速球の威力はとにかくえぐいの一言。

 また、生田目 翼は高校時代、145キロに達していたものの、まだ高いレベルで活躍できる実戦力はなかった。だが流通経済大の4年間で、実戦力を身に着け、3年春には大学選手権準優勝を経験。そして社会人2年間では都市対抗に出場。150キロ前後の速球、スライダー、カーブを織り交ぜたピッチングは大学時代と比べて実戦力が増し、いつでも力を発揮できるようになった。力のあるリリーバー候補として面白い存在だ。



岡野祐一郎(東芝)

 岡野は中学時代は控え投手だったが、オープンスクールにいった際に聖光学院の雰囲気に惹かれ、進学を決意。コントロールを武器に2年秋は東北大会準優勝に貢献。エースとして二季連続の甲子園出場に導き、U-18代表となった。
 ザ・好投手タイプだったが、青山学院大ではウエイトトレーニングを繰り返し、マックス147キロまで伸び、社会人では1年目では都市対抗4校を経験。アジアウインターリーグでは最多奪三振を獲得。140キロ中盤の速球、多彩な変化球を操り、打者を封じ込んでゲームメイクを展開する。実戦力は今年のドラフト候補ではピカイチで、ほとんどの試合で試合を作るのが強みである。好投手型から肉体改造をして、速球投手へ化けた1人としてぜひ見てほしい選手だ。

 また、同じ大谷世代として見逃せないのが平尾奎太(Honda鈴鹿)。高校時代は藤浪 晋太郎(阪神)、澤田 圭佑(オリックス)に続く大型左腕として春夏連覇を経験している。
 高校時代、特定疾患のIgA腎症を患った経験があり、同志社大に進学後2年間は治療に専念し、3年生からエース格に。Honda鈴鹿入社後はフォームを改善し、チェンジアップの握りを変えて、空振りが奪えるものに改良させ、1年目の都市対抗では14イニングを投げて無失点の好投を見せた平尾はアジアウインターリーグでも最優秀防御率を獲得。2年目は故障などで出遅れたが、チームを2年続けて都市対抗出場に導き、今年の9月では、日本選手権出場を決める代表決定戦で完封勝利を挙げるなど好調をキープしている。

 プロで活躍する藤浪、澤田に刺激を受け、実力を伸ばしてきた平尾は、先発・中継ぎでマルチで活躍できる左腕として貴重な存在だ。

【次のページ】 :笹川、柘植、板東といった甲子園で活躍した選手も指名を待つ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
帝京大可児vs関東一vs健大高崎【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第198回 2019年公式戦がスタート!大豊作な逸材投手ガイドブック【ドラフト特集コラム】
第196回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【前編】【ドラフト特集コラム】
第844回 春の静岡の頂点に立ち夏へと加速していくチームはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第791回 満を持して訪れたプロの機会 目標は即戦力左腕!!平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.3 【2018年インタビュー】
第790回 諦めずにつかんだエースの座 平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.2 【2018年インタビュー】
第789回 藤浪、澤田に刺激を受けながら春夏連覇を経験!平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.1  【2018年インタビュー】
第787回 社会人屈指の速球派右腕・生田目翼(日本通運)の「真っ直ぐな強さ」の魅力に迫る 【2018年インタビュー】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
健大高崎vs上田西【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs高崎商【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
岡野 祐一郎(聖光学院) 【選手名鑑】
笹川 晃平(浦和学院) 【選手名鑑】
澤田 圭佑(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
勝野 昌慶(土岐商) 【選手名鑑】
杉山 一樹(駿河総合) 【選手名鑑】
高橋 純平(県立岐阜商) 【選手名鑑】
柘植 世那(健大高崎) 【選手名鑑】
生田目 翼(水戸工) 【選手名鑑】
板東 湧梧(鳴門) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】
駿河総合 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム