第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】2018年10月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ミレニアム世代のビッグ3はこの3人だ!
[2]ひいき球団に加えておきたい右腕・左腕たち
[3]地方にぞくぞくいる速球派投手たち

 ドラフトで大事なのは選手をカテゴライズすることである。基本的なのは
・右投手
・左投手
ここから身長、投球フォームで分けていくともっと見方が深まるが、現状は右、左 の2タイプで分けたほうが理解が深まるだろう。今回、ドラフト候補に挙がる投手を紹介していこう。

ミレニアム世代のビッグ3はこの3人だ!



左から、引地秀一郎(倉敷商)、吉田輝星(金足農)、渡邉勇太朗(浦和学院)

 まずは右の本格派でトップクラスの投手を紹介していこう。

 トップクラスの投手は3位以内に消えていてもおかしくない投手である。

 右投手でトップクラスなのは吉田 輝星金足農)、渡邉 勇太朗浦和学院)、引地 秀一郎倉敷商)の3人だろう。
 吉田はプロか大学かで揺れていたが、10月10日にプロ志望を表明した(第770回 吉田輝星(金足農業)がプロ志望!プロ志望の決め手は「全国大会で自信をつけたこと」)。中泉監督はこの日の取材で、「志望が決まったので、9球団から調査書がきております」と多くの球団が指名候補として調査を始めており、戦略が練り直されている状況である。実際に吉田はその価値がある投手だ。下半身主導で、トップスピンが欠けられるフォームから繰り出す直球の最速は152キロまで伸び、スライダー、スプリット、そして国体後から磨いているカーブと変化球の精度も高まった。さらに、フィールディング、けん制もハイレベルで、間の取り方が絶妙。日本人投手として理想的なスキルが備わっているのが吉田なのである。

 そして投げると、一気に味方をつけるような雰囲気。ほかの投手にはなく、なかなか得られないようなスター性を持った投手であり、エンタメ性も重要なプロ野球にとってドラフト1位候補に挙がるのは当然である。

 渡邉は大谷 翔平のフォームをまねて、急成長を見せた。189センチの長身から繰り出す直球は好調時は140キロ後半を計測。140キロ近いツーシーム、キレのあるスライダー、フォーク、カーブといずれも精度が高く、将来の先発ローテーション候補としてこれ以上ない素材だ。この1、2年で大学・社会人の選手に負けない体の厚みが出てくれば、常時150キロが期待できる投手となるだろう。

 引地はこの1年で、実戦力が大きく上がった。もともと150キロを投げられるポテンシャルの高さがあったが、制球力が粗かった。しかし夏にかけて制球力、変化球の精度が格段とレベルアップ。150キロ前後の速球、キレのあるスライダー、落差鋭いカーブ、フォークを投げ分け、岡山大会で24イニングを投げ、24奪三振、5失点の快投を見せた。

【次のページ】 ひいき球団に加えておきたい右腕・左腕たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
第990回 偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代 中野波来(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第630回 野球は格上に勝てるスポーツ だからこそ組織力と思考力が重要  大産大附【後編】【野球部訪問】
第630回 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】【野球部訪問】
第629回 夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地【前編】【野球部訪問】
第984回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第983回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第982回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尚志館vs樟南【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
第956回 日本一の1番打者へ!笹川晃平(東京ガス)「チームあっての自分。今年こそ日本一を狙いたい」 【2019年インタビュー】
市川 悠太(明徳義塾) 【選手名鑑】
小江 光樹(朝倉) 【選手名鑑】
大窪 士夢(北海) 【選手名鑑】
大畑 功士郎(筑陽学園) 【選手名鑑】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
垣越 建伸(山梨学院) 【選手名鑑】
勝又 温史(日大鶴ヶ丘) 【選手名鑑】
川原 陸(創成館) 【選手名鑑】
國仲 祐太(宜野湾) 【選手名鑑】
佐藤 智輝(山形中央) 【選手名鑑】
荘司 宏太(駿台甲府) 【選手名鑑】
鈴木 裕太(日本文理) 【選手名鑑】
鈴木 裕太(東亜学園) 【選手名鑑】
清宮 虎多朗(八千代松陰) 【選手名鑑】
田中 法彦(菰野) 【選手名鑑】
靏 仁(石見智翠館) 【選手名鑑】
戸郷 翔征(聖心ウルスラ) 【選手名鑑】
土居 豪人(松山聖陵) 【選手名鑑】
直江 大輔(松商学園) 【選手名鑑】
中園 大樹(柳ヶ浦) 【選手名鑑】
沼田 翔平(旭川大高) 【選手名鑑】
羽田野 温生(汎愛) 【選手名鑑】
引地 秀一郎(倉敷商) 【選手名鑑】
古谷 拓郎(習志野) 【選手名鑑】
細川 拓哉(明秀学園日立) 【選手名鑑】
松江 優作(れいめい) 【選手名鑑】
松本 晴(樟南) 【選手名鑑】
水野 喬日(湖西) 【選手名鑑】
宮城 滝太(滋賀学園) 【選手名鑑】
矢澤 宏太(藤嶺藤沢) 【選手名鑑】
横川 凱(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】
朝倉 【高校別データ】
旭川大高 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
石見智翠館 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
小樽未創 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
倉敷商 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
滋賀学園 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
駿台甲府 【高校別データ】
聖心ウルスラ 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
藤嶺藤沢 【高校別データ】
豊田工 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
汎愛 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
盛岡三 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】
柳ヶ浦 【高校別データ】
山形中央 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム