目次

[1]ラスト登板は吉田輝星らしさ十分の快投
[2]ミーハー受け、玄人受けする吉田輝星の魅力

ラスト登板は吉田輝星らしさ十分の快投


高校野球最後の公式戦で好投を見せた吉田輝星(金足農)

 今年の福井国体は例年以上に駆け付ける観衆の規模が違った。

 すべては吉田 輝星金足農ナインを見るためである。10月2日の金足農vs常葉大菊川の一戦は8257人が詰めかけた。

 吉田にとって最後の高校野球公式戦は吉田のすべてが凝縮された試合だった。まずマウンドに上がると甲子園で注目を集めた侍ポーズを見せて、沸かせると1回表、二死満塁のピンチから6番・伊藤 勝仁(2年)に対し、全開ストレートで奪三振に打ち取ると、1回裏には打撃で見せる。漢人友人から先制の適時打。吉田はU18大会後、野手としての練習も行っていたようで、その成果が発揮された。

 そして2回表には、最速152キロのストレートで空振り三振。吉田は「ざわざわした感じがしたので気づきました。今日は150キロが出るかと思いました」と状態の良さが150キロにつながった。

 そのボールを受けた捕手・菊地 亮太はこう語る。
「今まで受けていたんですけど、今日は一番すごかった。152キロのストレートは本当に速くて予測できない伸びでした。だから捕球音を鳴らすことができなくて…。しっかり鳴らしてあげたかったです」と捕手が音を鳴らせなくて悔しがるほどのボールだったのだ。

 吉田は5回まで11奪三振の快投。ただ本人は「今日は20点。球速は出ましたが、コントールがだったのでそこをしっかりやらないといけないです」と答えたように、5回まで91球とやはり球数は多い。そこが本人にとって納得がいっていないのだろう。それでも吉田 輝星らしさは十分に発揮した。

 6回表にはライトに回り、7回表にはライトへ飛んだ大飛球をスライディングキャッチ。さらに7回裏には、一塁けん制の隙をついて三塁に陥れるなど、技ありの盗塁を見せ、そして7点目のホームをふみ、吉田で始まり、吉田で終わった試合であった。試合後の会見は金足農常葉大菊川も吉田絶賛会と表現していてもおかしくないぐらい、吉田を絶賛するコメントが相次いだ。