• トップ
  • コラム
  • ドラフト特集
  • ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」

第177回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」2018年08月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]根尾昂(大阪桐蔭) 潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回もドラフト候補としてハイパフォーマンスが期待される逸材を追っていく。

根尾昂(大阪桐蔭) 潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器


今や高校野球界で最も注目されている選手と言える根尾昴(大阪桐蔭)

 今年の高校生を代表する二刀流・根尾 昂大阪桐蔭)。投げては最速148キロのストレート、130キロを超えるスライダーで勝負し、野手としても高校通算20本塁打を超え、軽やかな遊撃守備。野球選手としての総合力はナンバーワンと評される根尾。今年のドラフト1位候補として多大な注目をされる根尾だが、ライバルは根尾をどう見ているのか。

 智辯和歌山の主砲・文元 洸成はこう言う。
 「精神的に強いなっていうのが一番だと思います。今までやってきたピッチャーだったら、ある程度、点を取ってしまえば、ひるんでくれるんですけど、近畿大会決勝では先に2点を取ってたんですけど、まったく精神的なブレがなくて、そこが一番根尾くんのいいところで、一番やっかいなところだと感じました」

 智辯和歌山は今年に入ってから3度対戦。そのうち春の選抜決勝、春の近畿決勝で根尾と対戦し、打ち崩せずに敗れている。根尾と対戦して感じたのが精神的な強さだったのだ。また、招待試合で大阪桐蔭と対戦した東邦の主砲・梅田。根尾から2安打を打ったが、そこには満足している様子はない。
「根尾君はあまり表情は変えません。だから見下ろされているかなと思って、2安打を打っていたとしても悔しかったです」

 能力があって勝てる投手、勝てない投手の境目は「精神面」。根尾はそこが一切乱れなかった。選抜準決勝、決勝、そして北大阪大会の準決勝・履正社戦で先発を任されたのはそういうぶれない精神的な強さがあるからだろう。首脳陣からすれば、頼もしい投手だ。

 そして根尾は投打ともに求めるものが高い。試合を振り返っても自分のパフォーマンスについて満足することはない。投げれば「あの場面、ボールが高かった。テンポも良くなかった。立ちあがりの入りが良くなかった」と語れば、打撃面では「まだ下半身で打つことができなかった」という調子だ。

 選抜から急激に成長を見せたのは遊撃守備。5月下旬に行われた日体大とのオープン戦では、三遊間の深い位置から逆シングルで追いつき、そこからダイレクトスローでアウトにしたり、また愛知の招待試合ではセンターへ抜けそうな打球を横跳びに追いつき、そのまますぐ立ち上がりアウトにしたプレーもあった。だが、根尾は「まだまだ一歩目が遅いので、自分の中ではよくないプレーです」と理想は高い。

 この夏は、投手として2試合に登板して、5失点。打者としては23打数12安打、7打点、打率.522と別格の成績を残した。だが、もっとやれるのではないかと期待感を抱かせるのが根尾の魅力だ。最後の夏となる甲子園。このひのき舞台で、根尾の潜在能力はさらに引き出されるのか。

  史上初の2度目の春夏連覇へ。第100回の夏の主役となる。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第762回 【決勝戦展望】史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭か?東北勢初優勝を狙う金足農か?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs沖学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待【大会展望・総括コラム】
第27回 大阪桐蔭高等学校(北大阪)【2年連続10回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム