第176回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.20 市川悠太(明徳義塾)「高校生ナンバーワンサイド。10失点を成長の糧に」2018年08月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]市川悠太(明徳義塾) 10失点を成長の糧にしたい高校生ナンバーワンサイド」

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回もドラフト候補としてハイパフォーマンスが期待される逸材を追っていく。

市川悠太(明徳義塾) 10失点を成長の糧にしたい高校生ナンバーワンサイド


高校生ナンバーワンサイドハンドの呼び声高い市川悠太(明徳義塾)

 今年の高校生ナンバーワンサイドハンドと呼ばれ、明徳義塾の馬淵史郎監督からも「明徳史上ナンバーワンピッチャー」と評された市川 悠太。その市川が最後の夏、甲子園の土を踏めずに終わった。

 しなやかでバネのある肉体をスピンさせた、躍動感あるサイドスローから投じる速球は常時140キロ中盤。この夏の大会前の練習試合で149キロをマーク。スライダー、フォーク、シンカーを投げ分ける投球は近年の高校生にはなかなかいない完成度の高さであった。その市川が高知大会決勝で10失点。

 そのピッチングを見ると、高知商の高度な打撃技術に驚かされたが、市川は走者を背負うほどボールが高めに浮きやすいという欠点があった。

 敗れた高知商戦。ボールの勢いや制球力は決して悪くない。ランナーがいないときの市川のピッチングは素晴らしく、常時140キロ~140キロ中盤の速球、120キロ前後のスライダー、カーブ、フォーク、シンカーを低めに集め、速球も変化球も外角ギリギリへ投げ分けることができていた。これを見る限り、とても打たれる予感はしないが、走者を出すと、スライダー、ストレートが高めに浮いてしまう。

 それが命取りとなり、10失点を喫した形だ。逆にいえば、走者時のピッチングの対応を突き詰めることが将来、プロで活躍するためのカギといえる。

 昨秋は公式戦ですべて完投勝利を挙げ、神宮大会優勝。選抜、夏での躍進が期待されたが、この1年は市川自身、満足いく成績は残せなかった。だが、常時130キロ後半~140キロ前半だった速球は140キロ中盤となり、変化球の種類も増えて、パフォーマンスは確実に上がっている。

 また、市川は侍ジャパンU-18代表の一次候補に名を連ねているが、市川は選出されるか。もし選出されれば、これまでの集大成をアジアの舞台で見せてほしい。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第853回 「フリー抽選」の春・高知王座決定戦!春季高知県大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第36回 2季連続で甲子園を逃した明徳義塾 技術を「キープし」、筋力を「上げる」!【四国発】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第836回 中国・四国の5枠目を勝ち取るのは?候補4チームを分析!【大会展望・総括コラム】
高松商vs高知商【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
近江vs高知商【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
済美vs高知商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs山梨学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
市川 悠太(明徳義塾) 【選手名鑑】
高知商 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム