第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」2018年08月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回もドラフト候補としてハイパフォーマンスが期待される逸材を追っていく。

超大物キャッチャー「石橋康太」


石橋康太 (関東一)

 2015年の都市対抗準決勝の日、午前8時からリトルシニア選抜対ボーイズ選抜というエキジビションゲームが行われた。この試合は残念ながら資料がなかったので選手の素性がよくわからないが、ボーイズ選抜2番の小松(左打者・二塁手)は第2打席でバント安打を放ち、一塁到達は3.76秒という猛烈な速さだった。
 小松以外にもリトルシニア選抜では生井、矢澤という左腕本格派が目立ち、苗字や利き腕から小松は小松 勇輝東海大相模・内野手)、生井、矢澤は生井 惇己慶應義塾高・投手)、矢澤 宏太藤嶺藤沢・投手)だと類推できる。これら好選手の中でも〝超大物″と評価したのはキャッチャーの石橋 康太ひとりだった。

 この試合で計測した二塁スローイングのタイムは、イニング間では1.97秒が最速で、実戦では2回に二盗されたときが1.95秒、4回に二盗されたときが1.96秒だった。投手がモーションを盗まれたため二盗を2回許しているが、ノーバウンドで伸びていく球筋は本物だと思った。

 ちなみに、そのあと見た四国アイランドリーグ選抜対フューチャーズ(プロ三軍)と、都市対抗準決勝の大阪ガス対三菱重工広島では石橋以上の強肩キャッチャーはいなかった。このことをプロのスカウトに話すと、「中学生の指名は考えないといけないかもしれませんね」と話してくれた。時代は恐ろしいくらいどんどん前に進んでいるなと思った。

 関東一進学後は1年夏に早くもレギュラーを取るが、ポジションはキャッチャーでなく一塁手だった。この夏には東東京代表として甲子園大会に進み、1回戦で敗れこそしたが広島新庄の超高校級左腕、堀 瑞輝(日本ハム)からずれも142キロのストレートをとらえ、第1打席でセンター前ヒット、第3打席でライト前ヒットを放っている。

 2年夏には東東京大会で4試合連続ホームランを放ち長打力が脚光を集めるが、石橋の長所は何と言ってもキャッチャーとしての肩。今年春の東京大会準々決勝、早稲田実業戦では野村がイニング間で最速で1.86秒を計測すれば、石橋は3回に野村が二盗を企図したとき、1.87秒というモンスター級の二塁送球で補殺、さらに6月3日、花巻東を招いた親善試合ではイニング間で最速1.89秒を計測している。

 バッティングもいい。この花巻東戦で見せた下半身の動きは、大島康徳氏(元中日)がバッティングの極意として語る「ステップは落とし穴がないか闇夜を歩くときのように慎重に出す」を実践していた。
 第1打席は1死一、三塁の場面、フルカウントから内角の厳しいコースに来た球をインサイドアウトで押し込んでレフト前にゴロヒットで打点1、第2打席は無死二塁の場面で初球の低めを打ってセンター前ヒットを記録、勝負強さを発揮した。

 昨年は中村 奨成(広島)という超高校級のキャッチャーが出現したが、石橋クラスのキャッチャーはそうそう毎年現れるわけではない。この花巻東戦では4回裏の無死一、三塁の場面で5番打者がセンターフライを放ち、三塁走者がタッチアップしてホームを陥れ、一塁走者はホーム返球のスキを突いて二塁に進塁しているが、このときの一塁走者が石橋だった。ゲームへの参加意識の高さも魅力がある。

文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第70回 「技術的には言うことがなかった」 恩師が語る田口麗斗(読売ジャイアンツ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第66回 「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
関東一vs駒込【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大鶴ヶ丘vs関東一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
広島新庄vs尾道商【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広島新庄vs盈進【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
石橋 康太(関東一) 【選手名鑑】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム