第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」2018年08月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回もドラフト候補としてハイパフォーマンスが期待される逸材を追っていく。

高校野球界でのフライボール革命の先駆者


野村大樹

 清宮 幸太郎(日本ハム)が話題を集めた早稲田実業にあって、4番を打ち続けたのが野村 大樹。上背が170センチを少し上回った程度で大きくない。しかし、そのパワーは筋金入りと言ってよく、夏の大会を前にして高校通算ホームラン数は70本に迫っていた。

 度肝を抜かれたのが今春の東京大会準々決勝、神宮第二球場で行われた関東一戦だ。相手校の4番もプロ注目のキャッチャー、石橋 康太。ドラフト候補に順番をつけるとき高校生に対しては上背が180センチ以上あるほうを上にしたがるが、この試合では1回裏、2死一塁の場面で初球のストレートを豪快に降り抜いてレフト越えに2ランを放ち、石橋との序列を同等にしてしまった。

 飛んだ打球がどこまで飛んだか興味がある。打ちっぱなしのゴルフ練習場を兼ねた神宮第二球場の周囲にはぐるりと金網が張り巡らされていて、野村の打球はレフト方向フエンスの2段目に設置されている「ANS」という看板の上部をわずかに越えていった。推定距離○○メートルか私にはわからないが、どの球場で打っても誰からも文句を言われない完全なホームランだったことは間違いない。

 飛距離も凄かったが、打ち終わったあとのフォロースルーの大きさに私は魅了された。下からしゃくり気味にバットを出し、体がねじ切れるようなスイングでボールをとらえたあと、バットの動きを止めずキャッチャーのほうまでもっていく振り幅の大きさ。「フライボール革命」の影響で大学、社会人にもこういう打ち方をするバッターは増えてきたが、高校生では先駆的存在だろう。

 キャッチャーとしてのディフェンスに目を向けると、この関東一戦ではイニング間の二塁送球で最速1.86秒、8回表に二盗を阻止したときは2.06秒を計測した。これはプロまで含めても十分「強肩」と評価していい肩だ。1年前の春の関東大会準々決勝、作新学院戦では2秒以上かかり、5回と7回表には二盗を決められている(ともに失点につながっている)。1年で進歩した部分だと思う。

 バッティングの形は下級生のときからよかった。始動で上げた左足の滞空時間が長いというのが変わらない長所で、投手がタイミングを狂わそうとしてフォームに長短をつけても、そのステップに合わして野村もステップを出すので、タイミングの狂いようがない。

 最も見応えがあった試合は昨年春の関東大会2回戦の花咲徳栄戦で、清宮がホームラン1本を含む4安打、花咲徳栄野村 佑希(当時2年)がやはりホームラン1本を含む3安打を放てば、野村はホームランこそ出なかったが第2打席で逆方向にタイムリー安打、9対9で迎えた延長10回に無死満塁で左中間にサヨナラヒットを放ち、チームに劇的な勝利を呼び込んだ。最初の2安打が好投手タイプの綱脇 慧、サヨナラ安打が本格派の清水 達也(中日)から打ったのも価値がある。進路は早稲田大進学が有力視されているが、プロ志望届を出せば3位くらいの指名があってもおかしくない。

文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第788回 埼玉大会が開幕!浦和学院、花咲徳栄ともに序盤から強敵と対決!【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs聖パウロ学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
関東一vs都立大島(派遣:都立東大和)【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
関東一vs都立日野【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
花咲徳栄vs鳴門【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
第710回 徳山壮磨(大阪桐蔭ー早稲田大学)「大阪桐蔭のエースへ。努力を継続した3年間」 【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
試合で役立つメンタルマネジメント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
石橋 康太(関東一) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
清水 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
綱脇 慧(花咲徳栄) 【選手名鑑】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム