第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」2018年07月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]宜保翔(未来沖縄)身体能力とクレバーさを兼ね備えた沖縄の二刀流
[2]勝又温史(日大鶴ヶ丘)関東最速右腕が目指すは全国最速右腕と甲子園出場

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回もドラフト候補としてハイパフォーマンスが期待される逸材を追っていく。

宜保翔(未来沖縄)身体能力とクレバーさを兼ね備えた沖縄の二刀流


宜保翔(未来沖縄)

 投げれば最速147キロのストレートを投げ込み、打っても巧打を連発。走っても塁間タイムが最速の3秒7とまさに抜群の身体能力を持った二刀流。そんな宜保は小さいときから野球以外の競技に取り組んでいる。小学校に入る前から水泳、両親が取り組んでいたバレー、そして小学校から野球を始め、小学5年生で出場した60メートルハードル走では9秒9をたたき出した。

 未来沖縄に進むと、1年秋には1年生大会優勝を収めるなど、下級生の頃から頭角を現していたが、2年夏は初戦敗退。2年秋にはベスト8を狙った3回戦で具志川商に敗れ、長い冬を過ごす。ここで宜保は覚醒のきっかけをつかむ。主力投手が立て続けに故障し、遊びで入ったブルペンで140キロ台の速球を投げていた宜保に、白羽の矢が立った。投手を兼任した宜保は3年春では主力投手として好投。決勝戦の興南戦で最速145キロをマークするなど、優勝に貢献した。

 九州大会でも好投を見せた。宜保は県大会までオーバー、サイドを使い分けていたが、以後はひじの負担を考え、オーバーに専念。そして力まないよう、8割~9割の力で勝負をした結果、この試合では常時130キロ前半~143キロの速球、120キロ前後のスライダー、チェンジアップ、さらに125キロ前後のワンシームを内外角に散らし、れいめい打線を5回まで無安打に抑える完璧な内容。準々決勝の八幡戦でも打者として4打数2安打1打点3得点の活躍。八幡戦でも相手のスキをついてセーフティバントを試みるなど頭脳的なプレーを披露した。

 宜保は沖縄大会でも投打で活躍。3回戦では秋に敗れた具志川商と対戦。8回表に1点を勝ち越し、2対1で辛勝。宜保は1失点完投勝利を挙げた。

 この夏は惜しくも甲子園出場はならなかったが、それでも投打ともに魅力たっぷりな逸材は次のステージで輝きを放つはずだ。

【次のページ】 勝又温史(日大鶴ヶ丘)関東最速右腕が目指すは全国最速右腕と甲子園出場

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第27回 大人の野球を体現した春夏連覇のメンバー 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第25回 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に込められた思い 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第23回 ミスを事前に刈り取れる人間力 我喜屋優監督(興南)vol.5【名将たちの言葉】
第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.4【名将たちの言葉】
第21回 人間力は掛け算 我喜屋優監督(興南)vol.3【名将たちの言葉】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
早稲田実業vs日体大荏原【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs帝京【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs拓大一【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
勝又 温史(日大鶴ヶ丘) 【選手名鑑】
宜保 翔(未来沖縄) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡商 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡浜工 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム