• トップ
  • コラム
  • ドラフト特集コラム
  • 西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!

第137回 西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!2017年11月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!



レオとMr.インディーを両手に笑顔の埼玉西武ライオンズドラフト3位指名・伊藤-翔(徳島インディゴソックス・投手)

 10月26日に行われた「プロ野球ドラフト会議suppoted byリポビタンD」において今年の独立リーグ所属選手最上位となる埼玉西武ライオンズから3位指名を受けた徳島インディゴソックス・伊藤 翔投手の仮契約交渉が11月19日に徳島県徳島市のホテルクレメント徳島で行われ、契約金4500万円、年俸650万円(いずれも推定)で合意に達した。

 仮契約会見後、「高校野球ドットコム」の独占取材に応じた伊藤投手は、「まさか上位で指名を頂けると思わなかったのでびっくりした」と指名を受けた瞬間を振り返った上で、千葉・横芝敬愛高卒1年目にして、今季12年目を迎えた四国アイランドリーグplus史上最年少・18歳での四国アイランドリーグpiusシーズンMVPに加え、これも史上初となるリーグチャンピオンシップMVP、日本独立リーググランドチャンピオンシップMVPに輝いた徳島インディゴソックスでの1年間について、熱く語る。

「(監督の)養父 鐡さんはもちろんですが、(ヘッドコーチだった鈴木)康友さん、(コーチの駒居)鉄(平)さん、(南 啓介)社長をはじめスタッフの皆さんがプレーしやすい環境を作って頂いたし、ファンやスポンサーの方々と交流させて頂いた中で、『結果を残さないと』と思うことができるようになった。徳島インディゴソックスでなかったら、僕はプロ野球選手になれなったとと思います」

 だからこそ、「まずは開幕一軍に入って、将来的にはエースになりたい。特に同じ年の今井(達也)は意識しているし、MLB出身選手とも対戦したりしたここでの経験をプラスに変え、時間をかけて創ってきた(最速152キロの)ストレートをアピールしたい」埼玉西武ライオンズで目指す成功の先には常に「徳島」の文字がある。

「四国アイランドリーグplusはNPBを目指す選手しかいないと思うので、そんな選手たちと一緒に過ごすことで夢を叶えるのがいいところですし、だからこそ成長できる部分があると思います。環境に負けそうになるときでもそういった思いを持ち続けていればNPBは近づいてくると思うので、この後にリーグに入る選手たちにも頑張ってほしいです。

 そして僕は徳島のおかげで成長できたし、NPBのスタートラインに立てたので、結果を残して皆さんに恩返ししたい。徳島県民のみなさんが『徳島には伊藤 翔がいたんだぞ』と自慢できる存在になりたいです」

 彼は最後に、これから自分に続く者たちへの激励と共に、徳島へ向けてこうメッセージを送った。

 こうして、伊藤 翔の戦いの場は次なるステージへ。「3月のオープン戦から追いかけていた」埼玉西武ライオンズ編成部育成アマチュア担当・鈴木 敬洋氏も「投げっぷりはいいし、シーズン後半になると腕を振る感覚の中で安定したピッチングをする方法を覚えてくれている。いずれはローテーションの一角を占めるようになってほしい」と高い期待を寄せる右腕は、176センチ72キロの身体をいっぱいに使って、激しく、雄々しく、美しく、メットライフドームのマウンド上で躍動する。

(文・寺下 友徳

注目記事
伊藤 翔投手(徳島インディゴソックス)「NPB入り、その先の『ヒーロー』へ駆け上げる」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
横芝敬愛vs東金商【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
横芝敬愛vs山村国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
稲毛vs横芝敬愛【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
千葉黎明vs横芝敬愛【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
銚子商vs横芝敬愛【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
伊藤 翔(金沢桜丘) 【選手名鑑】
伊藤 翔(横芝敬愛) 【選手名鑑】
伊藤 翔(日大三) 【選手名鑑】
伊藤 翔(佐野日大) 【選手名鑑】
横芝敬愛 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム