第133回 園部、宮路、菊地...指名漏れとなった逸材たち2017年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

悔しさは次のステージで晴らす!

 48名の高校生がドラフト指名された一方で、惜しくも指名漏れを味わった選手がいる。

 大阪桐蔭に1失点完投勝利を挙げた長谷川 拓帆仙台育英)は指名漏れ。140キロ前後の速球を内外角に投げ分ける切れのあるスライダー、120キロ後半のスプリットを投げ分ける投球は高校生としてハイレベルな投手だったが、夏にかけてあまり球速が伸びなかったのが痛かった。指名されなかった場合は社会人に進むことが決まっており、ぜひ3年間で即戦力を期待できる投手になってほしい。

 高校通算48本塁打の園部 佳太いわき光洋)も指名漏れ。夏の福島大会では打率5割を記録したように対応力、長打力もある遊撃手。スイングスピードも実に速い選手だ。指名漏れしたのは残念だったが、大学・社会人・独立に進んで、プロレベルの選手になってほしい。

 140キロ左腕・大竹 凌大総和工)も指名漏れ。強気なピッチング、自慢の速球という長所があるだけに、次のステージでしっかりと伸ばしてほしい

甲子園優勝投手となった綱脇 慧花咲徳栄)。130キロ後半の速球、スライダー、チェンジアップをコントロールよく投げ分けるピッチングは超高校級の右の技巧派として評するものがあった。岩井隆監督の勧めでプロ志望届を提出。指名があっても、もともと大学にいくつもりだった。いわゆる自分の評価を知るために提出したものだった。どういう進路をたどるか、分からないが、綱脇は引退後も精力的なトレーニングを続けており、ウエイトトレーニングの回数を増やし、レベルアップに励んでいる。次のステージで投げる綱脇の姿が楽しみだ。

 最速145キロ右腕・赤星 優志日大鶴ヶ丘)、宮路 悠良東海大高輪台)も指名漏れとなった。特に宮路は夏にかけてよくなった右腕。好調時は145キロ前後、切れのあるスライダーで翻弄するピッチングはさすがだったが、ただ高卒プロとなるとワンランク上の投球を求めたかった。ただ、宮路はこの夏で自分のピッチングに自信をつけ、「プロの指導を受けてみたい」と志望届け提出のきっかけに変えた。どういう進路をたどるか注目だ。
佐渡島初のプロ野球選手を狙った菊地 大稀佐渡)も指名漏れ。躍動感あるフォームから繰り出すストレートは絶品だったが、まだ一歩足らないとみなされたのだろう。まだまだレベルアップは可能な素材だけにぜひ悔しさを晴らしてほしい。

 高校通算39本塁打を記録している高畑 光生高朋)も指名漏れ。NPB入りをかなえるためにどのステージで続けるのか。

 140キロ前後の速球、縦に鋭く落ちるカーブで翻弄し、甲子園出場に貢献した北山 亘基京都成章)も指名漏れとなった。素材として素晴らしい投手なだけに、ぜひ次のステージでは大きく活躍を見せてほしい。

 翁田 大勢西脇工)は馬力だけ全国クラスの投手で、140キロ中盤を計測。ただピッチング術に課題を抱えた投手だった。今年は多くの速球派右腕が育成枠になっているケースがみられるが、そういう投手と天秤を翔けられて指名漏れになったと考えられる。

 小松 章浩おかやま山陽)も躍動感あるフォームから繰り出す速球が武器の投手。高卒プロとなると、一歩足らなかった。

 指名漏れとなった選手は大学・社会人に進むケースが多いが、去年は伊藤 翔横芝敬愛)が、徳島インディゴソックスに進み、チームの年間優勝、日本一に貢献。今年のドラフトでは全体27番目となる埼玉西武ライオンズ3位指名を受けた。これはかなりの高評価で、伊藤 翔の選択は大成功となったが、独立リーグの選択肢も入れて、NPBを狙う方法もある。ぜひ3~4年後。あるいは1年後に、今よりも高い評価を受けて、NPB入りの夢をかなえることを期待したい。

(文・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【阪神タイガース編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第5回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【中日ドラゴンズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第4回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【横浜DeNAベイスターズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第3回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【読売ジャイアンツ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第2回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【ヤクルトスワローズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
菊地 大稀(佐渡) 【選手名鑑】
長谷川 拓帆(仙台育英) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム