第130回 昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也2017年10月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高卒1年目から3勝を挙げた藤平尚真
[2]シーズン終盤に衝撃デビューを果たした細川成也

 昨年は投手豊作の年であった。高校BIG4の今井 達也(作新学院-埼玉西武1位)、藤平 尚真横浜-東北楽天1位)、寺島 成輝履正社-ヤクルト1位)、高橋 昂也花咲徳栄-広島2位)などをはじめとする投手がプロの世界へ飛び込んでいった。野手は人材が少ないと言わていたが、九鬼 隆平秀岳館-福岡ソフトバンク3位)をはじめとする選手がプロで活躍を果たした。そんな高卒1年目の投手、野手の1年間を振り返ってみた。

高卒1年目から3勝を挙げた藤平尚真

藤平尚真(横浜時代)

 今年、高卒1年目の投手のレベルが非常に高い。なんと6人の投手が一軍デビューを成し遂げた。

 藤平 尚真横浜-東北楽天1位)、山本 由伸都城-オリックス4位)、才木 浩人須磨翔風-阪神)、梅野 雄吾九産大九産-東京ヤクルト3位)、寺島 成輝履正社-東京ヤクルト1位)、堀 瑞輝広島新庄-北海道日本ハム1位)と6人いる。そして初勝利を挙げているのが藤平、山本の2人。高卒1年目はまず二軍でじっくり育成というのがこれまでのパターンだが、昨今の高校生トップクラスの投手は技術も、肉体的にも出来上がっている投手が多いので、一軍でも投げられる投手がいる。その典型的な例だが、藤平である。

 藤平は、1年目から一軍で8試合を投げて3勝4敗、43.1回、防御率2.28と優秀な成績。さらにCSのファイナルステージでも登板した。藤平は高校時代から体格的にも出来上がっていて、自己管理能力も高かった。U-18期間中、同じメンバーだった佐藤 勇基(現・法大)が、藤平の行動についてこう話す。
「藤平はバイキング形式の食事でもバランス良く食べることを心掛け、肘にはサポーターをつけて、肘のけが予防に努めていました」
高卒1年目から投げられるのはある意味必然だったのかもしれない。同じU-18代表メンバーだった堀は一軍で4試合に登板。そのうち先発した試合では、藤平と投げ合うという高卒1年目対決が実現した。寺島は1試合に先発したものの、プロ初勝利とはならなかった。

 オリックスの山本は5試合に先発。8月31日のロッテ戦で嬉しいプロ初勝利を挙げた。才木はシーズン終盤に昇格し、中継ぎで2試合に登板。高校時代から定評のあったストレートはさらに威力を増し、150キロ超のストレート、130キロ後半のスライダー、フォークと1つ1つのボールの精度はこの世代でもトップクラスのレベルとなっていた。梅野は2試合に先発したものの、勝ち星は挙げられず来年以降に持ち越しとなった。

 1軍登板できなかった投手もいる。昨夏の甲子園で優勝投手となり、U-18でもエースとしてアジア制覇に貢献した今井 達也作新学院‐埼玉西武1位)は度重なる右肩の怪我により2軍で1年間を過ごすこととなった。ファームでは7試合に登板し1勝0敗。長いイニングを投げることは怪我の再発リスクがあるため、球団もストップをかけている状況だが徐々に状態は回復。キレのあるアウトローへの真っすぐが時折みられるようになってきた。藤嶋 健人東邦‐中日5位)はファームで5試合に登板。高橋 昂也花咲徳栄‐広島2位)はファームで2勝を挙げ、防御率も1点台と高校ビッグ4の力を存分に発揮した。アドゥワ 誠松山聖陵‐広島5位)は9試合に登板し、経験を積んでいる。潜在能力の高さは折り紙付きで、数年後に化ける可能性を秘めている。

 その他には古谷 優人江陵‐福岡ソフトバンク2位)がファームで11試合に登板し着実な成長を見せ、大江 竜聖二松学舎大附‐巨人6位)はファームで4勝を挙げるなど高卒左腕が奮闘した。

このページのトップへ

【次のページ】 シーズン終盤に衝撃デビューを果たした細川成也

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1032回 現役球児117名に聞いた!好きな投手ランキングベスト10を発表!【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第5回 2019年夏に初の全国優勝を成し遂げた履正社の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 森、会沢に続く次世代「強打の捕手」は九鬼隆平に期待!【高校野球コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
アドゥワ 誠(松山聖陵) 【選手名鑑】
石垣 雅海(酒田南) 【選手名鑑】
石原 彪(京都翔英) 【選手名鑑】
今井 順之助(中京) 【選手名鑑】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
梅野 雄吾(九産大九産) 【選手名鑑】
大江 竜聖(二松学舎大附) 【選手名鑑】
岡﨑 大輔(花咲徳栄) 【選手名鑑】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
古賀 優大(龍谷) 【選手名鑑】
古賀 優大(明徳義塾) 【選手名鑑】
才木 浩人(須磨翔風) 【選手名鑑】
坂倉 将吾(日大三) 【選手名鑑】
鈴木 将平(東海大望洋) 【選手名鑑】
鈴木 将平(静岡) 【選手名鑑】
高橋 昂也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
藤嶋 健人(東邦) 【選手名鑑】
藤平 尚真(横浜) 【選手名鑑】
古谷 優人(江陵) 【選手名鑑】
細川 成也(明秀学園日立) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
松尾 大河(秀岳館) 【選手名鑑】
三森 大貴(青森山田) 【選手名鑑】
山本 由伸(都城) 【選手名鑑】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム