第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」2017年10月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 筒香に代わるスラッガーを!
[2] 2位以下は投手主体の指名に?

横浜DeNAベイスターズ 今季戦績

 143試合 73勝 65敗 5分 勝率.529 セ・リーグ3位(2017年度シーズン終了現在)

筒香に代わるスラッガーを!



細川 成也(明秀日立)

 2年連続で3位に入り、安定期に入った。チーム成績は防御率3.83がリーグ4位、打率.253が同2位。得失点差-2は巨人の+32とくらべると低く、投手力の不安定さが若干チームの足を引っ張った面もある(成績は10/3現在)。

 打線は首位打者・宮﨑 敏郎(三塁手)、打点王・ロペス(一塁手)、ジャパンの4番、筒香 嘉智(左翼手)を中心に、桑原 将志(中堅手)、梶谷 隆幸(右翼手)、倉本 寿彦(遊撃手)、戸柱 恭孝(捕手)とレギュラーが決まっているポジションが多い。

 先発投手陣は2ケタ勝っているのが今永 昇太(11勝7敗)、ウィーランド(10勝2敗)、濵口 遥大(現在9勝6敗)、さらに主戦格の石田 健大、井納 翔一が6勝で続き安定している。リリーフ陣は守護神の山﨑 康晃こそ防御率1.64と安定しているが、中継ぎの砂田 毅樹4.12、加賀繁4.44、田中 健二朗4.47、三上 朋也5.12、須田 幸太8.62にかつての冴えがなく、世代交代の気配を感じさせる。

 さて、誰を1位入札したらいいのか。常識的に考えれば投手だが、チームの柱である筒香が近い将来メジャーに移籍する可能性があるのでそれに代わるスラッガーを用意しておきたい。その第一候補はもちろん清宮 幸太郎早稲田実業・一塁手)である。

 今シーズン終盤の10月3日、ドラフト5位の高校卒新人、細川 成也が初打席初ホームラン、それも3ランを放って華々しくデビューしている。年齢の近い強打者同士がチーム内で競い合う相乗効果はかつての巨人のON(王貞治、長嶋茂雄)、昨年の日本ハムのON(大谷 翔平中田 翔)で証明されている。細川の2年目の成長、そこに清宮の入団が重なればチーム内に劇的な化学反応が起こる可能性がある。それを是非見てみたい。

【次のページ】 2位以下は投手主体の指名に?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第648回 「女子野球に新しい風を吹かせたい」模索を続ける履正社女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第646回 日替わりヒロインで快進撃を見せた履正社女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
本田 仁海(星槎国際湘南) 【選手名鑑】
増田 珠(横浜) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】
星槎国際湘南 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム