第123回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編 「望まれるのは投手陣の補強」2017年10月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 今の西武に望まれる補強は投手だ
[2] リリーフ陣も要補強

埼玉西武ライオンズ 今季戦績

 143試合 79勝 61敗 3分 勝率.564 パ・リーグ2位(10月10日現在)

今の西武に望まれる補強は投手だ



石川翔(青藍泰斗)

 リーグ4位だった昨年とくらべ、17年はいろいろな部分で違いが表れた。攻撃面では盗塁数が97(リーグ4位)→129(1位)、犠打数が80(6位)→93(6位)と増え、投手面では与四球数が524(6位)→403(1位)、被本塁打数が78(1位)→125(3位)と変遷している。積極的に仕掛ける攻撃陣、与四球、被本塁打数の増価は逃げずに勝負に行っている投手陣の攻撃的な姿勢を表していると言える。

 この野手と投手どちらの補強が今の西武に望まれているかだが、私は投手だと思う。清宮 幸太郎(早稲田実)は高校時代、ほとんど一塁だけ守ってきた。昨年西武で50試合以上一塁を守ったのはメヒア73、山川穂高66、浅村 栄斗55と3人もいて、いずれもリーグを代表する強打者。ここに清宮が入るとチームのバランスがさらに悪くなることは確実。

 中村 奨成(広陵)も捕手がチーム内に炭谷 銀仁朗(来季31歳)、岡田 雅利(29歳)、森 友哉(23)と揃っていることを考えると指名しづらい。安田 尚憲履正社・三塁手)は中村剛也の年齢的な衰えが見え出している今、貴重な人材だが、ポスト中村は外崎修汰、呉 念庭と候補がいないわけではない。そう考えると、来年オフに勃発してもおかしくない菊池 雄星のメジャー移籍騒動に備えるほうが賢明である。

 私が推したいのは石川 翔青藍泰斗)だ。150キロを超えるストレート以外でも、ストレートと同じ腕の振りから放たれるスライダー、カーブ、チェンジアップのキレ味が素晴らしく、緩急ともコントロールを備えている。14年以降、髙橋 光成前橋育英)、今井 達也作新学院)という北関東の高校の本格派を1位指名し、2人とも大成する雰囲気を漂わせていて北関東との相性もバッチリ。高橋光、今井、石川が順調にチームの柱に育つという前提で話を進めると、ここに多和田 真三郎が入れば先発の骨格はだいぶ強化される。

【次のページ】 リリーフ陣も要補強

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs川口市立【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs昌平【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
石川 翔(青藍泰斗) 【選手名鑑】
石川 翔(神戸国際大附) 【選手名鑑】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
多和田 真三郎(中部商) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム